2017/05/13

スペインGP競技委員、ペレス(フォース・インディア)に注意処分

FIA
12日(金)行われたスペインGPフリー走行で、とりわけ2コーナー等でコースオフし、コースに戻る際に他の走行車への妨害になりかねないケースが繰り返されたとして、FIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは「トラックを外れた場合、安全に注意して戻らなければならない」と、異例の勧告をした。

また、同じ理由で審議対象とされていたフォース・インディアのセルジオ・ペレスに対し、スペインGPのレーススチュワード(競技委員)は「今回はお咎めなし」としたものの、あらためて注意処分を行った。

| | トラックバック (0)

2016/11/04

ベッテル(フェラーリ)、ホワイティング氏に正式謝罪

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
メキシコGP決勝レース中に発した「暴言」について戒告処分を受けたフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルが、FIAのチャーリー・ホワイティング/レースディレクター、そして発端となったバトル相手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)に対し正式に謝罪の意を表した。

それによればFIA(国際自動車連盟)に対しては謝罪の書簡を、またフェルスタッペンに対しては直接会って謝罪するという。

今回ベッテルは戒告に留まったが、再び繰り返した場合には具体的なペナルティが科せられると警告されている。
FIA幹部の中には出場停止などの厳しい意見も出ているということだ。

| | トラックバック (0)

2016/09/24

C.ホワイティング/レースディレクター、日本GPでトークショーに

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
F1でもっとも有名なFIA(国際自動車連盟)スタッフといえるグランプリ・レースディレクターのチャーリー・ホワイティング氏(64歳:イギリス)が、日本GPの際にトークショーにゲストとして招待されることが内定した。
同氏がトークショーに登場するのは日本GPではこれが初めてということになる。

F1チームでメカニックやレースエンジニアを務めた同氏はネルソン・ピケ(ブラバム)のタイトル獲得にも貢献するなどこの世界での経験が豊富、バーニー・エクレストン氏からの信頼も厚くFIAにスカウトされてからはレースをコントロールするだけでなく技術部門をも束ねていて、パルクフェルメでも最高責任者だ。

| | トラックバック (0)

2016/09/11

ホワイティング/レースディレクターにチーム就職の噂

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
F1レースをコントロールするFIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターについて、来年以降いずれかのF1チームに就職するのではないか、との噂が広まっている。

これを報じたのはドイツの専門誌『アウト・ビルト・モータースポルト』で、これまで長きに渡ってF1レースを差配してきた経験を活かし、今度はF1チームの側の立場で活躍すれる可能性が高いというもの。

現実であればどのチームにとっても実に頼りになる人材と言えるが、しかし当の本人は移籍の噂について「まったく根も葉もないこと」と、全面否定しているといことだ。

| | トラックバック (0)

2016/06/01

FIAレースディレクター、排水口蓋の安全再確認

Monaco Marshal (C)Sahara Force India F1
拡大します
モナコGPは伝統的に市街地特設コースを特色にしているが、今回フリー走行セッションで起きた排水口の蓋が脱落したことは関係者を一様に震撼とさせた。
バトン(マクラーレン)のマシンを襲った鉄製の蓋は、一歩間違えればドライバーの生命をも左右しかねない深刻なものだったからだ。

これを受けFIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターはあらためてハロー(頭部保護装置)の必要性を強調しているが、それ以前にまず路面の安全性確保が必須であると強調した。

「マンホールの20センチ四方の点検口の蓋がレーシングマシンの走行で損傷し、さらにこれが脱落してて跳ね上がったことがわかった。
歴史と経験があるモンテカルロのコースをしてこれだから、他にもある同様の市街地コースを舞台とするサーキットではさらに完全なる対策が必要だ。
2度とこんなことが原因でアクシデントが起きてはならない」と、力説した。

| | トラックバック (0)

2016/05/27

『排水口の蓋事件』で、さらにハロー必要論

Redbull Canopy Image (C)RedBull Racing

26日(木)行われたモナコGPのフリー走行は、1回目のセッション終了間際、コースにある排水口の蓋が脱落して走行中のベッテル(フェラーリ)&バトン(マクラーレン)らのマシンに衝突するという想定外のアクシデントが起きそのまま赤旗打ち切りとなるハプニングで終えた。

問題となった鉄製の蓋は直ちに溶接処理が行われ、その後の走行に問題は起きなかったが、これについてFIA(国際自動車連盟)のレースディレクターを務めるチャーリー・ホワイティング氏は次のように強調した。

「F1に限らず、モーターレーシングにおいては常にこのような想定外のアクシデントは付きものだ。
思い起こしてみれば、ビアンキの事故だってそうだった。
(コースオフして作業中の重機に激突)
だからこそ、ドライバーの生命を守るためにハローは必要なんだ。
リスクを完全にゼロにはできないものの、われわれにはそれを少しでも減らす義務がある」

FIAは2017年の導入に向け、すでに複数のタイプの『ハロー(頭部保護装置)』の実車テストに取り掛かっている。

| | トラックバック (0)

2016/03/19

FIA、「無線での『暗号メッセージ』許さない」

Image (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、これまでよりさらにドライバーとピット・ギャントリー間で交わされる無線交信への制限が強化されることが決まっている。
ところが一部のチームの中に、予め暗号メッセージを準備しておくことでこの規制への抜け道にしようとする動きがあるとも伝えられている。

これについてFIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは「われわれは決してそのような不正を許さない対応を準備している」と、言明した。

「われわれはレース中に交わされるいかなる交信についてもこれを把握する。
悪意を持って暗号化する行為を補足するのは困難なことだが、しかしわれわれはマシンの動きに関するデータと照合し、このメッセージが原因で何かが行われていないか、慎重に調査をするだろう。
個々のメッセージについてはケースバイケースになると思うが、例えば『今日は鳥が高く飛んでいるね』なんていうメッセージがあったとして、われわれはこれをリストと照合し、どのような無意味を持っているのかを必ずや突き止める」

また同氏は「馬鹿じゃないの、あのドライバー」なんていうジューシー(?)な内容について追求はしない」と、鷹揚なところをみせた。
しかしこれが案外重要なメッセージかも?

| | トラックバック (0)

2014/10/11

FIA(国際自動車連盟)、イエロー減速の徹底に向け検討開始へ

Yellow/Safetycar (C)Mercedes Motorsport
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は日本GPで起きたジュール・ビアンキのアクシデントを受け、レース中にイエローコーションになった場合について、いかに減速を徹底させるかの検討を開始することを明らかにした。

今回の事故は先にクラッシュしたスーティル(ザウバー)のマシンの回収中に起きているが、現場手前のポストでは『ダブル・イエロー・フラッグ』が振られていて、これは本来『大幅な減速、車線変更、停止の用意』を義務付けるもの。
しかし具体的な減速の度合いについては明確な規定がなく、人それぞれというのが現実だ。

これを受けFIAのチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは、今回のような場合、より強制的にマシンを減速させる手段を検討する必要があるとして、すでに各チームにも打診を開始したとのことだ。

| | トラックバック (0)

2014/09/20

C.ホワイティング/ディレクター、無線取り締まりの困難さ認める

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
チーム関係者の反発から予定した「無線指示制限」の完全実施を来年まで延期したFIA(国際自動車連盟)だが、チャーリー・ホワイティング/レースディレクターはその取り締まりの困難さを訴えた。

それによれば、全チームのすべてのドライバーに対しリアルタイムで取り締まることは不可能なので実際には録音されたものを後から検証するすることになる。
しかし特定の言葉を使うことにより「暗号化」して伝えることは十分できるので、そうしたものまで完全にチェックすることはできないだろうというもの。

「ルールを施行するとなればやらなければならないことがある。
ルールに則ったことかどうか微妙なものについても検証しなければならなくなる。
困難ではあつてもそれがわれわれの仕事だ」と、ホワイティング氏。

FIAではこのために8人の専門スタッフが作業に当たるという。
しかし一部チームでは早くも無線交信をイタリア語にするなど「抵抗」の動きを見せ始めているという。

| | トラックバック (0)

2014/01/12

FIAディレクター、マーシャルの安全確保を徹底

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターがイギリスで行われた講演会に登場、昨年の例を引いてマーシャルの安全確保について言及した。

「F1に限らず、モータースポーツで何より重要なのは安全にこの競技が行われること。
ドライバーはもちろんのこと、クルーやマーシャルにも絶対に死亡事故などがあってはならない。
例えば2013年のカナダGPではグティエレス(ザウバー)のマシンを回収中、マーシャルがクレーンから落下した車輪の下敷きになって命を落としている。
これは進行方向に向かってマシン安定のためロープを引いていたものだが、明らかに間違っている。
ロープは2本にすべきだし、進行方向に身を置いてはならない。
他にも韓国GPでは駆け付けるトラクターの前面に4人ものマーシャルが走っていた。
今後は安全ルールを徹底し、二度と事故を起こさないようにしなければならない」

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク | A1グランプリ | BMW | BMWザウバー | DRS | DTM | F1 | F1テスト | F2 | F3 | FIA | FOM | FOTA | GP2 | GP3 | GPDA | INDY | ING | IRL | KERS | NASCAR | US-GP | USF1 | VW | WEC | WRC | WTCC | アイルトン・セナ | アウディ | アストンマーティン | アゼルバイジャン | アダム・パール | アブダビGP | アメリカGP | アラン・プロスト | アルガルブ | アルガルブ・サーキット | アルド・コスタ | アルバートパーク | アルファロメオ | アルフォンソ・セリス | アレクサンダー・ロッシ | アレクサンドル・ブルツ | アレックス・リン | アンソニー・デビッドソン | アンディ・ソウセック | アントニオ・ジョビナッツィ | アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ | アンドレアス・ツバー | アンドレ・ロッテラー | イギリスGP | イタリアGP | イモラ | イルモア | インテルラゴス | インディアナポリス | インドGP | ウィリアムズ | ウィリ・ウェバー | ウィリー・ランプ | ウィル・スティーブンス | エイドリアン・カンポス | エイドリアン・スーティル | エイドリアン・ニューイ | エイボン | エステバン・オコン | エステバン・グティエレス | エディ・ジョーダン | エリック・ブイユ | エンジン | エンツォ・フィティパルディ | オースティン | オーストラリアGP | オーストリアGP | カタール | カナダGP | カルロス・ゴーン | カルロス・サインツJr. | カルン・チャンドク | カート | キミ・ライコネン | キャノピー | キャラミ・サーキット | ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ギュンター・シュタイナー | クムホ | クリスチャン・クリエン | クリスチャン・ホーナー | クレア・ウィリアムズ | グッドウッド | グレーム・ロードン | ケビン・マグヌッセン | ケータハムF1 | ゲイリー・パフェット | ゲルハルト・ベルガー | コスワース | コリン・コレス | コンコルド協定 | サム・マイケル | ザウバー | ザク・ブロウン | シャルル・ピック | シャルル・ルクレール | ショーン・ジェラエル | シリル・アビテブール | シルバーストーン | シンガポールGP | ジェラール・ロペス | ジェローム・ダンブロシオ | ジェンソン・バトン | ジェームス・アリソン | ジェームス・カラド | ジェームス・ロシター | ジェームズ・キー | ジャガー | ジャッキー・スチュワート | ジャック・ビルニューブ | ジャンカルロ・フィジケーラ | ジャン・アレジ | ジャン・エリック・ベルニュ | ジャン・トッド | ジュリアーノ・アレジ | ジュール・ビアンキ | ジョナサン・ニール | ジョニー・ハーバート | ジョリオン・パーマー | ジョルジョ・パンターノ | ジョン・サーティーズ | ジョン・ハウェット | ジョン・ブース | ジョージ・ラッセル | ジョーダン | ジョーダン・キング | ジーン・ハース | スティーブ・ニールセン | ステファンGP | ステファーノ・ドメニカリ | ストッフェル・バンドーン | スパイカーF1 | スパフランコルシャン | スペインGP | スポンサー | スージー・ウォルフ | スーパーライセンス | スーパー・アグリ | スーパー・フォーミュラ | セバスチャン・ブエミ | セバスチャン・ベッテル | セバスチャン・ボーデ | セバスチャン・ロウブ | セパン・サーキット | セルゲイ・シロトキン | セルジオ・ペレス | セルジオ・マルキオンネ | ソチ | タイGP | タイヤ | ダカールラリー | ダニエル・ジュンカデラ | ダニエル・リカルド | ダニカ・パトリック | ダニール・クビアト | ダビデ・バルセッキ | チェイス・キャリー | チェコ | チャンプカー | チャーリー・ホワイティング | ティモ・グロック | テレビ | ディートリッヒ・マテシス | デイモン・ヒル | デビッド・クルサード | デビッド・リチャーズ | デモラン | デュランゴ | トト・ウォルフ | トニー・フェルナンデス | トヨタ | トルコGP | トロ・ロッソ | ドイツGP | ドニントンパーク | ナイジェル・マンセル | ナイトレース | ナレイン・カーティケヤン | ニキ・ラウダ | ニコラス・トッド | ニコ・ヒュルケンバーグ | ニコ・ロズベルグ | ニック・ハイドフェルド | ニック・フライ | ニュルブルクリンク | ニュージャージー | ネルソン・アンジェロ・ピケ | ネルソン・ピケ | ノルベルト・ハウグ | ハイメ・アルグエルスアリ | ハインツ・ハラルド・フレンツェン | ハロー | ハンガリーGP | ハンガロリンク | ハンコック | ハースF1 | バルセロナ | バルテリ・ボタス | バレンシア | バレンシアGP | バレンティーノ・ロッシ | バーニー・エクレストン | バーレーンGP | バーレーン国際サーキット | パスカル・ウェーレイン | パストール・マルドナド | パット・シモンズ | パット・フライ | パディ・ロウ | パトリック・ヘッド | ヒスパニア・レーシング | ビタントニオ・リウッツィ | ピエール・ガスリー | ピットストップ | ピレリ | ファン・モントーヤ | フェラーリ | フェリッペ・ナスル | フェリッペ・マッサ | フェルナンド・アロンソ | フォース・インディア | フォード | フォーミュラE | フラビオ・ブリアトーレ | フランク・ウィリアムズ | フランク・ダーニー | フランスGP | フランツ・トスト | フレデリック・ヴァスール | ブラウンGP | ブラジルGP | ブラバム | ブランズハッチ | ブリヂストン | ブルガリア | ブルーノ・セナ | ブレンドン・ハートリー | プロドライブ | ヘイキ・コバライネン | ヘルマン・ティルケ | ヘルムート・マルコ | ヘレス | ベトナム | ベルギーGP | ペドロ・デ・ラ・ロサ | ペーター・ザウバー | ホセ・マリア・ロペス | ホッケンハイム | ホンダ | ホー・ピン・トゥン | ボブ・ベル | ポルシェ | ポルトガル | ポールリカール | ポール・ストゥダート | ポール・ディ・レスタ | マイク・ガスコイン | マイク・コフラン | マウリツィオ・アリバベーネ | マクラーレン | マックス・チルトン | マックス・フェルスタッペン | マックス・モズレー | マニクール | マノー・マルシア | マリオ・アンドレッティ | マリオ・タイセン | マルク・ジェネ | マルコ・アスマー | マルコ・アンドレッティ | マルコ・マッティアッチ | マルシア | マレーシアGP | マ・キンファ | マーカス・アームストロング | マーカス・エリクソン | マーク・ウェバー | マーク・スミス | マーチ | マーティン・ウィットマーシュ | マーティン・ドネリー | マーティン・ブランドル | ミカ・サロ | ミカ・ハッキネン | ミシュラン | ミック・シューマッハ | ミハエル・シューマッハ | ミルコ・ボルトロッティ | ムジェロ | メカクローム | メキシコGP | メルセデス | モトGP | モナコGP | モニシャ・カルテンボーン | モンツァ | ヤス・マリーナ・サーキット | ヤルノ・トゥルーリ | ユナイテッドステーツGP | ヨンナム・サーキット | ヨースト・カピート | ヨーロッパGP | ラスベガス | ラファエル・マルシエロ | ラルフ・シューマッハ | ランス・ストロール | ランド・ノリス | ランボルギーニ | リオ・ハリアント | リザーブドライバー | リバティ・メディア | ルイス・ハミルトン | ルイス・ペレス・サラ | ルイス・レイジァ | ルカ・バドエル | ルカ・フィリッピ | ルカ・モンテツェモロ | ルノー | ルマン24時間レース | ルーカス・ディ・グラッシ | ルーベンス・バリチェッロ | レギュレーション | レッドブル | レッドブルリンク | レース・オブ・チャンピオンズ | ロシアGP | ロス・ブラウン | ロドルフォ・ゴンザレス | ロバート・クビサ | ロバート・ドーンボス | ロビン・フラインス | ロブ・スメドリー | ロブ・ホワイト | ロベルト・メルヒ | ロマン・グロージャン | ロリー・バーン | ロルダン・ロドリゲス | ロングビーチ | ロンドンGP | ロン・デニス | ロータス | ローマ | ローラ | ワールドシリーズbyルノー | ヴィジャイ・マルヤ | ヴィタリー・ペトロフ | 上海サーキット | 中国GP | 中嶋一貴 | 中嶋大祐 | 人事 | 佐藤万璃音 | 佐藤公哉 | 佐藤琢磨 | 八郷隆弘 | 南アフリカ | 国本京佑 | 富士スピードウェイ | 小暮卓史 | 小松礼雄 | 小林可夢偉 | 山本左近 | 新井康久 | 新型車発表 | 日本GP | 松下信治 | 武藤英紀 | 浜島裕英 | 片山右京 | 鈴木亜久里 | 鈴鹿サーキット | 長谷川祐介 | 韓国GP