2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2019/01/25

カルロス・ゴーン/CEO、ルノーの役職を辞任

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
フランス・ルノー社のCEO(最高経営責任者)兼会長としてルノー/日産グループを率いてきたカルロス・ゴーン氏だが、特別背任などの容疑で東京拘置所に身柄拘束が続くことからその職務を辞任したことが公式発表された。

これを受けルノー社は、今後両職を分け、後任として会長にはタイヤメーカー大手ミシュラン出身のドミニク・スナール氏を、またCEOにはテイェリー・ボロレ氏の昇格を決めた。

首脳陣交代による同社のモータースポーツに関する姿勢はまだ明らかとなっていない。
F1についても当面現状に変更はないとされるが、現場には将来的な活動に不安の声も聞かれるようだ。

| | トラックバック (0)

2018/11/21

ルノー・チームの躍進意欲に冷や水

Carlos Ghosn (C)Renault F1 UK
拡大します
再びワークス体制となった2016年から3年が過ぎようとしているルノー・チームだが、日本で起きたカルロス・ゴーン/CEOの逮捕という予想しなかった事態に、その影響が心配されている。

現在F1でのルノー・チームの立ち位置は、ビッグ3(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)に次ぐ4番手というものだが、かつてチャンピオンシップを制覇した名門として来年こそ飛躍の年と意気上がる状況だった。
すでに2019年新型車のプロトタイプは完成に近づいており、来季ドライバーもダニエル・リカルドという優勝経験を持つベテラン・ドライバーを擁することが決まっていて、ニック・チェスター/テクニカル・ディレクターも自信をみせていた。

しかしルノー・日産グループの総帥として君臨したゴーン氏が失脚した場合、F1のみならずモータースポーツに対する基本方針が変わる可能性も考えられる。

| | トラックバック (0)

2016/02/08

カルロス・ゴーン/CEO(ルノー)、「2016年は準備の年」

Carlos Ghosn (C)Renault F1 UK
拡大します
2011年以来、5年ぶりのワークス参戦となるルノー・チームだが、初年度となる今シーズンの目標について、グループ総帥であるカルロス・ゴーン/CEOは次のように語っている。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語ったもの。、
その中でこの実業家は、「復帰初年度となる今シーズンはまず準備の年。
できるだけ多くの距離を走り、飛躍のために必要なデータを収集し人材を育成する。
そしてレギュレーションが大きく変更となる2017年にはトップコンテンダーの仲間入りをして、さらに3年目となる2018年には表彰台に上がりたいと思っている。
目標が低いのでは、と言われるかも知れないが、レッドブルだってメルセデスだって優勝するまでにいったい何年掛かったと思う?
私は現実主義者なんだ」と、意外な一面をみせている。

| | トラックバック (0)

2016/02/05

カルロス・ゴーン/ルノーCEO、アロンソに「秋波」

Fernando Alonso (C)Renault F1 UK
拡大します
2011年以来、5年ぶりのワークス参戦を表明したルノー・チームは3日(水)パリで今季の体制発表会を開催したが、そこで注目されたのがルノー陣営を率いるカルロス・ゴーン/CEOが特定のドライバーに触れたことだ。

同チームではすでにマグヌッセン&パーマーというドライバー・ラインナップを発表しているが、いずれもF1ではほぼ新人といっていいレベルの経験しかない。
そこでゴーン氏が名前を挙げたのが現在マクラーレン・ホンダで苦境に陥っている元F1チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(34歳:スペイン)だ。

アロンソがタイトル獲得を果たしたのは2005年・2006年いずれもルノー・ワークスチームでのもの。
ゴーン氏は「言うまでもなくアロンソは最高レベルのF1ドライバー。
私個人の希望を言うならば当然のこと彼をルノーで走らせたいと思っているよ。
でもそれは私の仕事ではないからね」と、わきまえた発言。
ただそれでも十分現場には大きなプレッシャーになったことだろう。

| | トラックバック (0)

2016/02/04

ルノー・チーム、2016年の参戦体制を発表

Renault Taem (C)Renault Sport
拡大します
2011年以来、5年ぶりのワークス参戦となる新生ルノー・チームが、3日(水)フランス・パリのテクノセンターでF1体制発表会を開催した。

それによれば正式チーム名は『ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム』。
マシン名はこれまでの命名を踏襲した『RS16』になるという。
また2016年のレースドライバーには既報のようにケビン・マグヌッセン(23歳:デンマーク)とジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)の二人を起用。
またリザーブドライバーにはフランス期待の若手エステバン・オコン(18歳:フランス)が指名された。
なお旧ロータス・チームの大株主だったジェニイ・キャピタルは今後も小株主としてチームの運営に参画していくとのこと。

同グループを率いるカルロス・ゴーン/CEOは「モータースポーツの魅力は、今でも愛好者と一般ドライバーを引きつけて止まないものだ。
われわれはそうしたことを踏まえ、多岐にわたるモータースポーツ活動をひとつの形にした。
言うまでもなくその核となるのがF1になる。
われわれはこのF1で得られた最新技術を市販車に活かして行きたいと考えている」と、述べた。

ルノー『RS16』の画像はこちら

| | トラックバック (0)

2016/01/02

新生ルノーが再びアロンソ獲得へ?

Fernando Alonso Fans(C)Renault F1 UK
拡大します
2016年、ルノーが再び再びワークスチームとしてF1の世界に戻ってくることになった。
そのルノー陣営を率いるカルロス・ゴーン/CEOが「アロンソ獲得」を指示したという話が流れ、地元スペインのファンを興奮させている。

そのフェルナンド・アロンソ(34歳:スペイン)は昨年のマクラーレン・ホンダとの大型契約を結んだ際、このチームでF1キャリアを終えるとまで語ったが、昨季の大不振はさすがに衝撃だったようだ。
年間獲得ポイントはフェラーリ時代の200数十ポイントから一転、わずか11ポイントと、非力だったプライベートチーム、ミナルディでのデビュー・シーズンだった2001年以来の低レベルに留まった。

今のところいずれも当事者は否定しているが、2017年のF1スターティンググリッドには注目だ。

| | トラックバック (0)

2015/12/07

マルドナド&パーマー、今後の展開に戦々恐々

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
かねて噂になっていた通り、ロータス・チームがフランスのルノーに買収され2016年シーズンからは再びルノー・ワークスチームとして参戦することが確定した。

しかしルノー社を率いるカルロス・ゴーン/CEOが「来年1月の経営会議までまだ体制は確立していない」と言及したことで、現ロータス・チームの陣営は戦々恐々としている。
これは運営メンバーやチームスタッフもそうだが、とりわけ危惧の念を抱いているのがすでに来季同チームのレースドライバーとして発表されていたパストール・マルドナド(30歳:ベネズエラ)とジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)の二人。

この契約も含めて売却の契約は行われたとされているものの、ゴーン氏がひっくり返すことは十分に考えられる。
フランス政府の資本が入るルノーのこと、フランス人ドライバーの起用の可能性も高まりそうだ。

| | トラックバック (0)

2015/12/06

カルロス・ゴーン(ルノー)、「まだ体制確立していない」

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
長い雌伏の期間を終え、やっと正式発表までこぎ着けたロータス・チーム買収によるルノー(フランス)のF1ワークス参戦復帰だが、同社を率いるカルロス・ゴーン/CEOは「まだ体制は確立していない」とし、今後の体制変更があり得ることを示唆した。

これは地元フランスの『フィガロ』紙に語ったもの。
その中でこの辣腕経営者は、「来年の1月に経営会議が開かれる。
そこで我々の今後の方針について、議論が交わされることになるだろう。
個人的な見解としては、F1で十分な戦闘力を発揮できるまで、少なくとも3年という期間は必要になると考えている」と、控え目に語った。
このことからは、すでに発表のあった旧ロータス・チームによるマルドナド&パーマーというドライバー・ラインナップの見直しも考えられそうだ。

また今後の他チームへのエンジン供給については、「それは供給することがわれわれの利益に叶うものかどうかによる」と、無責任な周囲の見方に釘を刺した。

| | トラックバック (0)

2015/11/07

C.ゴーン(ルノー)、レッドブルへのエンジン供給承認の報

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
事態がこじれたままのルノーとレッドブル・グループのエンジン供給問題だったが、ルノーの総帥であるカルロス・ゴーン/CEO(最高経営責任者)が2016年シーズンについて供給を承認したと伝えられた。

これはルノーの地元フランスの専門紙『オート・エブド』が報じたもの。
それによればルノーは来季用スペックのF1パワーユニットをレッドブル・グループに売却。
レッドブル・グループではこれを自らの手で改良し、独自のものとして使用するというもの。
そのための開発にはイルモア・エンジニアリングのエキスパートであるマリオ・イリエン氏やレッドブル・グループの地元であるオーストリアの専門メーカーである『AVL社』らの名前が浮上しているとのことだ。

記事によれば両者が今週中に調印したうえでブラジルGP前には正式発表されるとしている。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介