2013/12/07

ブルーノ・セナ、ブラジル国内初レースへ

V8 Supercar Image (C)V8 Supercar Championship Series
拡大します
言わずと知れた故アイルトン・セナの甥で、ウィリアムズ・チーム等の元F1ドライバーでもあるブルーノ・セナ(30歳:ブラジル)が、この週末行われるブラジルのV8ストックカーレースに参戦することがわかった。

驚いたことに、最初からヨーロッパに渡りイギリス国内でキャリアをスタートさせたセナにとって、母国ブラジルのレースに参戦するのはこれが初めてのことであるという。
なお同シリーズには同じく元F1ドライバーのルーベンス・バリチェッロも参戦している。

| | トラックバック (0)

2013/02/06

F1断念のブルーノ・セナ、今季はWEC(世界耐久選手権)に

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
昨季在籍したウィリアムズ・チームのシートを失い、フォース・インディアに活路を見出そうとしていたブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)だが、最終的にF1残留を断念、今季はWEC(世界耐久選手権)にフル参戦することを明らかにした。
チームはアストンマーティン・レーシングで、マシンはアストンマーティン・バンテージV8になる。

あまりに偉大なF1スタートを伯父に持つセナのF1での最高位は予選が7位(2011年ベルギーGP:ルノー)、決勝レースは6位(2012年マレーシアGP:ウィリアムズ)というものだった。

なお今季のWEC(世界耐久選手権)にはトヨタ・チームもルマン24時間レースも含めフル参戦することになっている。
(7号車ブルツ&ラピエール&中嶋一貴。8号車サラザン&デビッドソン&ブエミ )

| | トラックバック (0)

2013/01/17

ブルーノ・セナ、今季のF1シート見通せず

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
同郷の先輩ドライバーであるフェリッペ・マッサ主催のカート大会に出場し元気な姿をみせたブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)だが、いまだに今季のレースシート獲得への見通しは暗いようだ。

これは地元ブラジル『トータルレース』の取材に語ったもの。
その中でセナは残るフォース・インディアやケータハムF1のシートを求めて交渉を続けていることを認めたが、いまだ合意には至っていないとのこと。

2010年にHRTから遅咲きのF1デビューを果たしたセナだが、初のフル参戦となったウィリアムズ・チームのシートはすでにバルテリ・ボタスに譲ることが決まっている。

| | トラックバック (0)

2012/10/19

来季の行き場が危ういブルーノ・セナ(ウィリアムズ)

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
来季のシート争いの焦点は中堅チームに移りつつあるが、F1レジェンドである「セナ家」のブランドを引き継ぐブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)もその例外ではないようだ。

2010年HRT(前ヒスパニア・レーシング)でF1デビュー、ルノー・チームを経て今季はウィリアムズから参戦するセナ、ここまで入賞は7回あるが最高位は6位。
スペインでポールTOウィンを果たした僚友パストール・マルドナドに比べればいかにも劣る。
その上金曜日のフリー走行でセナのマシンをドライブするバルテリ・ボタスがしばしば生きのいいところをみせることから、来季は交代になるのではとの噂が絶えないようだ。
一部にはカーティケヤンの後任としてHRTに戻るのでは、との報道も伝えられている。

| | トラックバック (0)

2012/10/06

怒りのセナ(ウィリアムズ)、「ペナルティあっても無意味」

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
6日(土)行われた日本GP公式予選Q1で、最後のアタックをベルニュ(トロ・ロッソ)に邪魔されてタイムを失ったウィリアムズのブルーノ・セナは、予選終了後も怒りが収まらない様子だ。

「まったくひどい話だよ。
彼は明らかに僕のアタックを邪魔したんだ。
チームはすぐにコントロールタワーに行きスチュワードに訴えたけれど、それで例えベルニュが罰せられたとしても僕の失った予選順位は戻らない。
ペナルティなんてこちらには意味のないことなんだよ。
ここ鈴鹿ではオーバーテイクが難しいから一つの予選順位の違いがとても大きな意味を持つというのにね」

ベルニュのほうは予選Q2に進出したのに対し、セナのほうはこの一件でQ3敗退。
結果的に大きな影響を引き起こした出来事になった。

| | トラックバック (1)

2012/09/28

セナ(ウィリアムズ)、シンガポールGPで背中に火傷

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームのブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)が、シンガポールGP決勝レースの際、背中に火傷を負っていたことがわかった。

当初、同チームが採用する独自の「KERS」(運動エネルギー回収システム)のせいではないか、との噂が流れたが、チームは非公式ながらこれが別の原因であめことがわかったとしている。
それによればレース中にシート背面部の断熱シールが剥がれ、このためマシン後部の熱が伝わってしまったというもの。

なおセナ自身によれば火傷は軽いもので、日本GPの出場にも支障はないということだ。

| | トラックバック (0)

2012/08/07

セナ(ウィリアムズ)、残留に向け「予選順位カギ」

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
ハンガリーGP決勝レースで7位フィニッシュ。
これでブルーノ・セナ(ウィリアムズ)は今季6回目の入賞を果たしたが、わずか2回の入賞に留まるチームメイトのマルドナドの29ポイント(11位)に比べ、24ポイント(15位)に留まっている。
これはマルドナドのスペインGP優勝が大きいが、それも予選順位でチームメイトに大きく後れを取っていることがある。

これについてセナは、「やはりまず予選でいい順位に着けることがレース結果にもつながる。
ハンガリーがそのいい例だ。(予選9位:今期最高位)
幸いレースではうまく走れているので、後半はまず予選に集中していいグリッドを獲得したい。
そうすれば、それがやがて来年やさらにその先のF1生活にも繋がる筈」と、語っている。

そのセナの来季契約についてはまだ確定していないとみられている。

| | トラックバック (1)

2012/07/18

セナ(ウィリアムズ)に『バンディーニ賞』授与

今年の『ロレンツォ・バンディーニ賞』受賞者に選ばれていたウィリアムズ・チームのブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)が、このほどバンディーニの故郷ブリジゲッラで正式に受賞の名誉に預かった。

この賞はアグレッシブだったバンディーニにあやかり、優れた攻撃的なレーシングドライバーに与えられもので、昨年はニコ・ロズベルグ、それ以前はハミルトン、ベッテル、クビサ、マッサ、アロンソ、シューマッハ、ライコネン、バトンらが受賞しているが、これら先人に比べ、セナの実績が見劣りするのは明らか。

本人は、「この賞に関わるすべての人々に感謝したい。
これほど誉れの高い賞に選ばれたことをたいへん光栄に思っている。
過去にこの賞を受けた人々の名誉を汚さぬよう、これから最大限の努力を続けていかなくてはならないと痛感している」と、殊勝に語った。

Lorenzo Bandini (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ロレンツォ・バンディーニは1961年クーパー・マセラティでF1デビューしたドライバーでその後フェラーリに移籍、1964年オーストリアGPで初優勝を果たし、フェラーリのエースとなったものの、1967年のモナコGPでクラッシュ・炎上、壮絶な死を遂げた。享年31。

| | トラックバック (0)

2012/06/13

ブルーノ・セナ、異例の『バンディーニ賞』受賞

Bruno Senna (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
今年の『ロレンツォ・バンディーニ賞』の受賞者にウィリアムズ・チームのブルーノ・セナ(28歳:ブラジル)が選出されたことがわかった。

『ロレンツォ・バンディーニ賞』は優れたレーシングドライバーに与えられもので、昨年はニコ・ロズベルグ、それ以前はハミルトン、ベッテル、クビサ、マッサ、アロンソ、シューマッハ、ライコネン、バトンらが受賞しているが、これらと比べるとまだ実績のないセナの受賞に首を傾げる向きもあるようだ。

ロレンツォ・バンディーニは1961年クーパー・マセラティでF1デビューしたドライバーでその後フェラーリに移籍、1964年オーストリアGPで初優勝を果たし、フェラーリのエースとなったものの、1967年のモナコGPでクラッシュ・炎上、壮絶な死を遂げた。享年31。

| | トラックバック (0)

2012/06/09

セナ(ウィリアムズ)、「トラフィックがクラッシュの遠因」

Bruno Senna (C)Williams F1
拡大します
カナダGPフリー走行2回目セッションで『チャンピオンズ・ウォール』にヒットしてマシンを損傷させたウィリアムズ・チームのブルーノ・セナは、その原因を次のように語った。

「マシンに特に問題があった訳じゃない。
毎周毎周トラフィックに見舞われて思うような走りができず、フラストレーションが溜まっていたんだ。
それでプッシュしすぎてしまいウォールにヒットしたんだ。
それが『チャンピオンズ・ウォール』だというのは光栄なことだけどね。
マシンはだいぶ壊れてしまったけれど、ウチのチームなら完璧に修復してくれるから明日は問題ないよ」

ただ今回のクラッシュによりバージョンアップしたフロントウィングがもうないのではと心配されている。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介