2015/11/24

マイク・ガスコイン氏、ルノーでF1復帰の噂

Mike Gascoyne (C)Team Lotus
拡大します
再びルノーへ体制が一新されるとの見通しが絶えないロータス・チームだが、同チームにかつて活躍したマイク・ガスコイン氏(52歳:イギリス)が復帰するのでは、との報道が流れて注目されている。
これはフィンランドの『イルタ・サノマット』紙がそれによればこれは同チームのフェデリコ・ガスタルディ/副代表が語ったものという。

「ルノーとの新たな契約についてはもう近々発表されることだろう。
そしてその主要スタッフとしてマイク・ガスコインの名前がある筈だ。
おそらくはスポーティング・ディレクター等のポジションとして」

マクラーレン・チームでF1キャリアをスタートさせたガスコイン氏は、その後ザウバーや、ティレル、ジョーダン、ルノー、トヨタ、フォース・インディア等で技術部門の責任者を務めてきた。
フェルナンド・アロンソを擁した2003年には、ルノーにF1復帰後初の勝利(ハンガリーGP)をもたらせている。

ここ数年はF1から離れヨットレースに活躍の舞台を移していたが、F1での実績キャリアには依然として高い評価がされている。

| | トラックバック (0)

2012/10/22

マイク・ガスコイン(ケータハム)、単独大西洋横断へ

Mike Gascoyne (C)Caterham F1 Team
拡大します
元ルノーやトヨタ等のトップチームでテクニカル・ディレクターとして辣腕を振るい、現在はケータハム・グループのCEO(最高経営責任者)を務めるマイク・ガスコイン氏(49歳:イギリス)が、来月「単独大西洋横断航海」に挑むことがわかった。

この計画にはケータハム・グループでコンポジット材料の設計・製造専門部門を担当するケータハム・コンポジット社がクラス40の外洋競技用ヨット「ケータハム・チャレンジ号」を製作、艇のカラーリングもケータハムのシンボルカラーである緑と黄色にペイントされるという。

ガスコイン氏は、「子供の頃から肉体的、精神的に自分を追い詰めることを生き甲斐にしてきたので、初の単独大西洋横断は自分にとって次の大きなチャレンジ」と、意欲をみせている。

| | トラックバック (0)

2012/02/17

ケータハムF1、マイク・ガスコイン氏に技術部門託す

Mike Gascoyne (C)Ex.Team Lotus
拡大します
チーム・ロータスから今季ケータハムF1として再出発する同チームでは、マイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーに技術部門全体の統括者としてその重責を託すことをあらためて明らかにした。
これにより、ガスコイン氏はこれまでよりすべてのレース現場へ出席となる予定。
またF1だけでなくGP2チームにおいても技術的なアドバイスを行うことになるとみられる。

これを受けてガスコイン氏は、「これは私にとって非常に誇りに足る瞬間だ。
今後、私の役割はケータハム全体の技術面をすべてコントロールすることになる。
必ずやこの期待に応え、チームの価値を引き揚げたい」と、意欲をみせた。

| | トラックバック (1)

2011/12/17

ケータハムF1、FIAクラッシュ・テストをクリア

Mike Gascoyne (C)Team Lotus
拡大します
来季もトゥルーリ&コバライネンというドライバー・ラインナップで戦うことが決まっているケータハムF1(前チーム・ロータス)では、2012年の新型車がいち早くFIA(国際自動車連盟)のクラッシュ・テストに合格したことを明らかにした。

これは同チームのマイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーが語ったもので、「開発はすべて予定通り順調にいっている」と、進行に自信を示した。
ただ、まだ完成車の発表がいつになるかは明確にしなかった。

| | トラックバック (0)

2011/04/26

ガスコインT/D(T-ロータス)、次の照準はウィリアムズ

Mike Gascoyne (C)Lotus F1 Racing
拡大します
第3戦中国GPを16位(コバライネン)-19位(トゥルーリ)でフィニッシュしたチーム・ロータス(前ロータスF1レーシング)のマイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーは、次の照準がウィリアムズ・チームにあることを認めた。

「ここまでの3戦で、わがチームは間違いなく大幅な進化を遂げたと言える。
正直言って、シーズン前のわれわれは大変な状態だったのだから。
それに、われわれは何かを相続してこの成績を得た訳ではないし、誰かの脱落でラッキーな目にあった訳でもない。
われわれ自身の進歩により、ここまでアップしてきたんだ。
そして次なる照準は……
あの(名門の)ウィリアムズ・チームということになるだろう。
それはある意味悲しいことでもあるがね」

ケンブリッジ大学で流体力学を専攻、マクラーレン・チームでF1キャリアをスタートさせたガスコイン氏、ルノー・チームでは黄金時代を築いた立役者の一人でもある。

| | トラックバック (0)

2011/03/21

M.ガスコイン氏(チーム・ロータス)、エクレストン氏の見解に反論

Mike Gascoyne (C)Lotus F1 Racing
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏は、先に新規参戦チームが著しく戦闘力を欠き、F1のレベルを落としていると非難したが、これに対しチーム・ロータス(前ロータス・レーシング)でチーフ・テクニカル・オフィサーの要職を務めるマイク・ガスコイン氏が噛みついている。

かつてルノーやトヨタで活躍した同氏は、「F1におけるビッグチームとスモールチームとの戦闘力の差は、ひとえにその大きな資金力の違いにあると言える。
F1で成功したすべてのチームというのは、みな商業権を持つFOMから巨額のボーナスを受け取ったところばかりではないか。
より潤沢な資金を持ったチームがさらに新たなマシン開発にも力を入れられるというのは当然のこと。
FOMが分配する資金を小さなチームに対してももっと平等にする、それがF1に正しい競争を導く方法の一つだよ」と、独『アウトモーター・ウント・スポルト』誌で主張した。

| | トラックバック (0)

2010/12/09

マイク・ガスコイン氏、「同じバスが続けてやって来た」

Lotus Renault (C)Renault F1 UK
拡大します
すでに2011年エントリーリストにかつてのF1名門『ロータス・カーズ』の名前が掲載されていた上に、今回これまでのルノー・チームから『ロータス・ルノーGP』への名称変更が発表されたことで、来季のF1はかなりの混迷が繰り広げられそうだ。

これについてロータス・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサーとして、かねて名称問題に頭を痛めていたマイク・ガスコイン氏は、「ロータスを巡る名称争いにはほんとうに困っている。
われわれはただ純粋なF1活動がしたいだけなのに、一部の人々によりこれが政治的に使われているようだ。
今回のルノーによる発表は、われわれにとってまるで同じ行き先のバスが続けて2台やって来たようなものだよ」と、ユニークな表現で困惑を表している。

| | トラックバック (4)

2010/11/22

マイク・ガスコイン氏、「ロータスはやる気がない」

Mike Gascoyne (C)Lotus F1 Racing
拡大します
ロータス・レーシングでチーフ・テクニカル・オフィサーの要職を務めるマイク・ガスコイン氏は、すでに同チームとの間に5年というさらなる長期契約を結んでいるが、一方で首脳陣に対して「やる気がない」と嘆いている。

これは英『BBCスポーツ』の取材に語ったもので、その中でこのベテランは、「状況はまだすべての結着がついた訳ではないが、『ロータス』というブランドがF1に戻り得ないということについては明らかに失望しているよ。
彼ら(ロータス・カーズの意)は、われわれがF1にカムバックすることに8千万ポンドもの投資をして支えた筈。
それなのになぜ今、ロータス・ブランドをF1から追い出そうとしているのか……
私には到底理解できないことだ」と、両手を拡げた。

来シーズン、ロータス・レーシングはおそらく名称変更を余儀なくされるものとみられている。

| | トラックバック (2)

2010/09/30

ロータス・レーシング、ガスコインとの契約延長

Mike Gascoyne (C)Lotus F1 Racing
拡大します
ロータス・レーシング(チーム・ロータスから戻しています)は、今シーズンいっぱいとされるマイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーとの契約をさらに5年間という長期に渡り延長することを明らかにした。
これにより少なくとも2015年末までガスコイン氏はロータスに留まることになる。

同チームのトニー・フェルナンデス代表は、「チームの躍進のため、長期に渡り確固たる体制を築くことにした。
わがチームの成功に、ガスコインの類い希な能力は欠かせないものだ」と、語った。

ガスコイン氏はマクラーレン、ザウバー、ティレル、ジョーダン、さらにルノーやトヨタの各チームで活躍、とりわけルノー時代には歴史に残るチャンピオン・マシンを送り出した。
その後さらにフォース・インディア、ロータスと移ったが、フォース・インディア時代には「これが最後のチーム」と語っていた。

| | トラックバック (1)

2010/05/03

ロータス・レーシング首脳、「これから躍進する」

Mike Gascoyne (C)Lotus Racing
拡大します
今季ここまでの4戦を終え、まだポイント獲得こそないもののその半数以上で完走を果たすなど、新規参戦チームの中では際立つポテンシャルをみせるロータス・レーシングだが、いよいよ始まるヨーロッパ・ラウンドに向け、さらなる飛躍を宣言した。

これは同チームの技術部門を率いるベテランのマイク・ガスコイン/チーフ・テクニカル・オフィサーが明らかにしたもので、それによればここまでの4戦はまだ暫定的なデザインのマシンで臨んだものの、今週迎える第5戦からは大幅にポテンシャルアップを図ったニュータイプのマシンで戦うとのこと。

その第一歩がまずバルセロナで投入されるということで、今後上位チームとのギャップは確実に減少すると自信をみせた。
具体的には、新しいエアロ・パッケージ、サイドポッドの改良、フロントウィングやブレーキポッドの改善など多岐に渡るという。

かつてルノー・チームの黄金時代を支えたガスコイン氏に、いま再び能力を示すチャンスが訪れている。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファタウリ アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレアス・ザイドル イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダニー・サリバン ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介