2019/02/28

合同テスト後半2日目、ベッテル(フェラーリ)クラッシュ

Carlos Sainz (C)McLaren Group
拡大します
2月27日(水)、バルセロナ・サーキットを舞台に行われているシーズン前テスト後半は第2日目を迎えた。

トップタイムはこの日もマクラーレンでカルロス・サインツの記録した1'17.144、これは今年のテストでは全体のベストになるものだ。
130ラップの多きを数えたが、コース入口でストップ、赤旗中断の原因も作っている。

2番手はペレス(レーシング・ポイント)、3番手はベッテル(フェラーリ)。
この日のビッグニュースはなんといってもこのベッテルのクラッシュだろう。
新しい僚友であるルクレールとこの日もマシンをシェアしたベッテルは午前のセッションで40周を周回、この日の3番手となる1'18.193のベストタイムを記録したもののその後3コーナーでコースアウト・クラッシュ。
セッションは赤旗中断、ドライバーは直ちにメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが幸い身体に問題ないとして解放された。
マシンは修復に当てられたもののルクレールのほうは結局インストレーションラップだけに留まりノータイムで終えている。

4番手ライコネン(アルファロメオ)、5番手グロージャン(ハース)、6-7番手には共にホンダ・パワーのフェルスタッペン(レッドブル)とクビアト(トロ・ロッソ)が並び合わせて229周を走り込んだ。
前日ハイドロリック系のトラブルに見舞われたメルセデスは遅れを取り戻すべくボタス&ハミルトン合わせて176周を周回した。
シーズン前テストで出遅れたウィリアムズは、クビサが最多の130周を周回、初めて本格的なテスト・プログラムを消化して追い上げの姿勢をみせた。

| | トラックバック (0)

2016/11/23

マレーシアGP撤退、観光文化大臣も認める

Image (C)Sepang Circuit
近年、観客減少が続いているグランプリの一つマレーシアでは現行の開催契約が満了する2018年を最後に終了とする噂が聞かれているが、政府の観光担当大臣もこれを認める発言をして注目されている。

語ったのはマレーシア政府の観光文化大臣であるモハメド・ナズリ・アブドゥル・アジズ氏。
「政府はグランプリ開催維持のために巨額資金を投じているが、いまやもうそれに見合う効果は手にしていない」と、F1グランプリが及ぼす経済効果を斬って捨てた。

多くのグランプリで伝えられる観客減少については、マレーシアGPの主催者で開催地でもあるセパン・サーキットのラズラン・ラザリ/CEO(最高経営責任者)も同様と認めていて、「最初から勝つチームがわかってるようなスポーツなんて面白くないだろう」と、皮肉を込めて語っている。

F1グランプリ総帥のバーニー・エクレストン氏が、こうした傾向にどのように対処するか注目される。

| | トラックバック (0)

2016/10/01

セパン・サーキット責任者、大幅なタイム短縮に「満足」

Sepang Circuit (C)RedBull Racing
拡大します
30日(金)行われたマレーシアGP初日のフリー走行セッションでは、各車いきなり好タイムを連発。
最終的にトップとなったハミルトン(メルセデス)のベストタイムは1'34.999というもので、これは昨年の同じセッションでの1'39.790をなんと5秒近く短縮するものとなった。

これについてセパン・サーキットのラズラン・ラザリ/CEO(最高経営責任者)は、次のように語って満足しているところを示した。
「この大幅なタイム短縮はわれわれが大枚をはたいて施したコース改修によるところが大きいと考えている。
改修を受けたコーナーは全部で9か所に及ぶが、タイム短縮だけでなく、オーバーテイクの機会の増加、そして雨天時の排水性の向上にも注目して欲しい」と、自信をみせた。

今日行われる公式予選、そして日曜日の決勝レースのいずれにも雨が降る可能性が伝えられている。

| | トラックバック (0)

2016/09/28

大幅改修でマレーシアGP迎えるセパン・サーキット

Sepang Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今週金曜日からはF1第16戦マレーシアGPがスタートするが、その舞台となるセパン・サーキットは今回大幅な改修が施されている。
これについて同サーキットのラズラン・ラザリ/CEO(最高経営責任者)は、改修点について次のように説明した。

「雨の多い天候のため、路面の再舗装による排水性向上やコースサイドの排水口の改修等で大幅に安全性を向上させた。
その成果には自信を持っているので雨乞いがしたいくらいだ。
改修を受けたコーナーは全部で9か所にも及ぶが、最も変更されたのは最終コーナーだろう。
ここはイン側が約1メートル盛り土がされ、コーナリング・スピードが上げられるのと共にストレートでのオーバーテイクが容易になったと考えている。
いまからお客さんが盛り上がって声援を送るのが見えるくらいだ」と、自慢している。

| | トラックバック (0)

2016/08/21

セパン・サーキット、コース改修で新たなチャレンジ

Sepang Circuit (C)Ferrari S.p.A
拡大します
これまでシーズン序盤の開催だったマレーシアGPは、今年は隣国のシンガポールGPや日本GPと会わせたアジア遠征の一環となったため。昨年からほぼ1年半のインターバルを置いての開催となる。

その開催地であるセパン・サーキットのラズラン・ラザリ/CEO(最高経営責任者)は次のように語っているとのことだ。

「今年マレーシアGPに訪れたチームやドライバーは、きっと驚くことだろう。
それは、われわれのセパン・サーキットが大きな改修を受けたからだ。
全体に舗装もやり直されているし、第5、第12、第15の3つのコーナーではコースそのものが変更されている。
私は今年のレースでこの3つのコーナーがカギになると思っているんだ。
今から本番(10月2日決勝)が楽しみだよ」

コース改修の目的にはオーバーテイクを容易にするためとか、水捌けを良くするためとか様々な見解があるが同氏は明確にしなかった。

| | トラックバック (0)

2015/12/24

セパン・サーキット、コース閉鎖して改修へ

Sepang Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
マレーシアGPの開催地であるセパン・サーキットが、来シーズン一時閉鎖となることがわかった。
これはSIC(セパン国際サーキット)自身が明らかにしたもので、それによれば来年の2月15日(月)から5月8日(日)まで約3か月間、施設を閉鎖してコースの排水工事やランオフエリアの整備、そして路面の再舗装などを行う予定という。

同サーキットでは4輪でFIA(国際自動車連盟)、2輪ではFIM(国際モーターサイクル連盟)からそれぞれ最高ランクの「Aグレード」を獲得していて、その水準を守るためのものとのこと。

なおこれまでシーズン序盤に行われていたF1マレーシアGPは、2016年は10月の開催に変更されているため、閉鎖期間とはバッティングしない。

| | トラックバック (0)

2015/02/13

マレーシアGPはさらなる開催契約延長に意欲

Sepang Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
韓国GPの破綻、そしてFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)から請求されているという高額な違約金は他のグランプリ主催者にも衝撃を与えているが、しかしこれとは対照的にマレーシアではグランプリ開催契約のさらなる延長で交渉していることを明かした。

これはマレーシアGPを主催するセパン・サーキットが示したもので、それによれば2007年に結ばれた現在の契約が2015年で終了することから、さらに3年間の延長をしようとしているもの。
問題は例によりFOMが要求する高額な開催権料がネックになることだが、セパン・サーキットではそれでも契約延長に前向きと伝えられている。

| | トラックバック (0)

2008/03/05

マレーシアGP、最多観客見込みも輸送には自信

2006年の決勝日には10万7千人、2007年の決勝日には11万5千人という観客を集めたマレーシアGPは、今年さらに同GP史上最高の12万5千人もの入場者数を見込んでいるが、これをカバーする観客輸送にはさらに力を入れ、万全の体制を取ると自信をみせている。
2006 Malaysia GP (C)Honda Racing
拡大します
これは同サーキットのアームド・ムスターファ/ゼネラル・マネージャーが地元マレーシアの『スター』紙に明らかにしたもので、それによればサーキットとクアラルムプール空港とをシャトルバスで結び、さらに空港駅からクアラルムプール中心部までのシャトル列車の本数もさらに拡大、午前7時から午後1時までは15分に1本、帰りの足となる午後5時から午後8時に掛けては12分に1本のダイヤで列車を運行するというもの。

セパン・サーキットはクアラルムプール空港に連接するという地の利から、そのまま航空機で帰国する観客にとっては元々最高のロケーションになっている。
ただし3日間合計で15万人強ほどのこの数字は、日本のGPと比べると半分程度のレベルではある。

| | トラックバック (0)

2008/02/10

セパン・サーキットもナイトレース模策

今シーズン、初開催のシンガポールGP(9月28日決勝)がF1史上初となるナイトレースで行われるが、マレーシアのSIC(セパン国際サーキット)においても同様にナイトレースでの開催に向け検討が始まっていることを認めた。

同サーキットのダトゥク・マハティール代表はタイの『バンコク・ポスト』紙に対し「シンガポールやアルバートパークと比べ、ウチはパーマネント・サーキットだから照明に掛かるコストの回収は容易だ」と、釈明する。
Malaysia GP Scene (C)BMW Sauber F1
拡大します
観客の不入りに悩むマレーシアGPは、もともと隣国シンガポールで新規開催が決まったにもかかわらず2015年まで開催延長が決定、この時点でバーニー・エクレストン氏率いるFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との間で何らかの密約があったものと推定されていた。

今後、エクレストン氏がさらに同じく時差の大きい中国GPや日本GPにもナイトレースを迫ってくるのか注目される。

| | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介