2017/02/08

BMWもF1復帰の噂を否定

BMW Team Motorhome (C)BMW Motorsports
拡大します
マクラーレン・グループ傘下のマクラーレン・オートモーティブとBMWが技術提携するということから産まれた『マクラーレン・BMW』の噂だが、もう一方の当事者であるVBMW側もその可能性を一蹴した。
これは同社のスポークスマンがイギリスの専門誌『オートスポーツ』誌に語ったもの。

「われわれは2009年にF1撤退を社の方針として決めたが、その際これは長期的な結論であると確認されている。
モータースポーツには関心があるが再びF1に参入するつもりはない。
それまでF1に注ぎ込んできた人的技術的資産であるすべてのリソースを新たな自動車技術の開発に投入することにし、そのお陰でわれわれは電気自動車という新しい分野ですでに確固たるポジションを確立することができたのだ」と、胸を張った。

BMWは自身ワークスチームとしてまたエンジン・サプライヤーとして、通算20勝をF1で記録している。

| | トラックバック (0)

2017/02/05

マクラーレン、ホンダと訣別? BMWと接近の噂

BMW F1.07 (C)BMW Sauber F1
拡大します
現在、日本のホンダとのパートナーシップでF1を戦うマクラーレン・チームに、気になる噂が広まっている。

その火元となっているのが、マクラーレン・グループの一員であるマクラーレン・オートモーティブがドイツの大手自動車メーカーであるBMWとパワートレーン共同開発で提携するというニュース。
噂では、これがF1チームにも拡大、マクラーレン・チームがBMW製のパワーユニットにスイッチするのではないか、というものだ。

2015年から同チームはホンダ製パワーユニットを搭載、しかしここまでランキング9位、6位と低迷が続いている。
今季は再びレギュレーションの変更が行われることもあってマクラーレン・ホンダにとって挽回のチャンスと捉えられているが、こうした噂が持ち上がること自体、これまでの不振が憂慮されているということ。

なお当然のことながら、マクラーレン・チームのスポークスマンはこうした噂を実態のないことと一蹴している。

| | トラックバック (0)

2014/12/03

マルコ・ウィットマン(DTM王者)、トロ・ロッソF1テストへ

Marco Wittmann (C)BMW Motorsports
拡大します
今シーズン、初のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)チャンピオンに輝いたマルコ・ウィットマン(25歳:ドイツ)が、そのご褒美としてトロ・ロッソのマシンによりF1テストをプレゼントされることがわかった。

ウィットマンが戦ったDTMのマシンはBMWだが、BMWは現在F1参戦していないためパートナー関係にあるレッドブル・グループが協力、2012年仕様のトロ・ロッソのマシン『STR7』がそのため特別に用意されるという。

テストは今週の4日(木)、かつてサンマリノGPが開催されていたイタリアのイモラ・サーキットになる予定となっている。

| | トラックバック (0)

2014/10/21

ロバート・クビサ、さらなる手術でF1復帰に光明

Robert Kubica (C)BMW Sauber F1
拡大します
2006年に当時のBMWザウバー・チームからF1デビュー。
3戦目には早くも3位表彰台に乗るなど将来のチャンピオンも嘱望されたロバート・クビサ(29歳:ポーランド)だが、本人のF1復帰の希望はいまだ実らず、現在はWRC(世界ラリー選手権)参戦を続けている。
関係者によれば、現在も負傷した右手の動きが制限されるため、繊細な操作を必要とする現代のF1ステアリングホイールを扱うのは困難とされている。

しかしクビサはこのほど取材を受けたイギリス『スカイスポーツ』に対し、次のように語っている。
「医療の世界は日進月歩で進化しているんだ。
これまで不可能だったことだって、その後可能になったことだってある。
だからこのシーズンが終わったらまた医師と新たな手術について検討する予定なんだ。
もっと指の動きとかが自由になれば、またF1にだって乗れると確信しているからね。
少なくとも僕自身はF1復帰を断念したことなんかない。
いくつかの幸運に恵まれれば、またF1で僕の姿が見られるかも知れないね」

F1時代、クビサは2008年のカナダGP(BMW)で念願の初勝利を記録している。

| | トラックバック (0)

2013/09/06

BMWにまたぞろF1復帰の噂

BMW Factory (C)BMW Motorsports
拡大します
F1は2014年シーズンからエンジン規定が大きく変更されるが、これを機にすでにホンダが2015年からマクラーレン・チームへエンジン供給する形でF1復帰を決めている。
そして同様に復帰の噂が伝えられているのがBMWだ。
これについてはF1で大きな影響力を持つバーニー・エクレストン氏が肯定的に語ったことも大きい。

それによればBMWは2016年、もしくは早ければホンダと同じく2015年にも復帰するというもの。
かつてBMWとパートナーを組んだザウバー・チームは現在深刻な資金難によりチーム運営に苦慮していて、こうしたこともまた噂に拍車を掛けているようだ。

ただ、BMWでモータースポーツ・ディレクターを務めるイエンス・ マルカルト氏は、「われわれは現在のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)活動に満足していてF1復帰は議論もされていない」と、これまで通り否定している。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A-1リンク BMW DRS DTM F1 F1テスト F2 F3 FIA GP2 GP3 GPDA IMSA INDY KERS NASCAR US-GP USF1 VW WEC WRC WTCC アイルトン・セナ アウディ アストンマーティン アゼルバイジャン アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP アラン・プロスト アルガルブ アルガルブ・サーキット アルゼンチンGP アルド・コスタ アルバートパーク アルファロメオ アルフォンソ・セリス アレクサンダー・アルボン アレクサンダー・ロッシ アレクサンドル・ブルツ アレックス・リン アンディ・ソウセック アントニオ・ジョビナッツィ アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ イギリスGP イタリアGP イモラ イルモア インテルラゴス インディアナポリス インドGP ウィリアムズ ウィリ・ウェバー ウィル・スティーブンス エイドリアン・スーティル エイドリアン・ニューイ エイボン エクソンモービル エステバン・オコン エステバン・グティエレス エマニュエル・ピロ エリック・ブイユ エンジン エンツォ・フィティパルディ オトマー・サフナウアー オランダ オースティン オーストラリアGP オーストリアGP カタール カナダGP カルロス・ゴーン カルロス・サインツJr. カート キミ・ライコネン キャノピー キャラミ・サーキット ギド・ヴァン・デル・ガルデ ギュンター・シュタイナー クムホ クリスチャン・クリエン クリスチャン・ホーナー クレア・ウィリアムズ グッドウッド グレーム・ロードン ケビン・マグヌッセン ケータハムF1 ゲルハルト・ベルガー コスワース コリン・コレス コンコルド協定 ザウバー ザク・ブロウン ザンドフールト シャルル・ピック シャルル・ルクレール シリル・アビテブール シルバーストーン シンガポールGP ジェラール・ロペス ジェローム・ダンブロシオ ジェンソン・バトン ジェームズ・キー ジャガー ジャッキー・スチュワート ジャック・エイトケン ジャック・ビルニューブ ジャン・アレジ ジャン・エリック・ベルニュ ジャン・トッド ジュリアーノ・アレジ ジュール・ビアンキ ジョナサン・ニール ジョニー・ハーバート ジョリオン・パーマー ジョン・エルカン ジョン・サーティーズ ジョン・ブース ジョージ・ラッセル ジョーダン・キング ジーン・ハース スティーブ・ニールセン ステファンGP ステファーノ・ドメニカリ ストッフェル・バンドーン スパフランコルシャン スペインGP スポンサー スージー・ウォルフ スーパーライセンス スーパー・アグリ スーパー・フォーミュラ セバスチャン・ブエミ セバスチャン・ベッテル セバスチャン・ロウブ セパン・サーキット セルゲイ・シロトキン セルジオ・ペレス セルジオ・マルキオンネ ソチ タイGP タイヤ ダカールラリー ダニエル・ジュンカデラ ダニエル・ティクトゥム ダニエル・リカルド ダニカ・パトリック ダニール・クビアト ダビデ・バルセッキ ダン・ティクタム チェイス・キャリー チェコ チャーリー・ホワイティング チョウ・グアンユー テレビ ディーター・ツェッチェ ディートリッヒ・マテシス デイトナ デイモン・ヒル デビッド・クルサード デビッド・シューマッハ デビッド・リチャーズ デモラン デュランゴ デンマークGP トト・ウォルフ トニー・フェルナンデス トヨタ トルコGP トロ・ロッソ ドイツGP ドニントンパーク ナイジェル・マンセル ナイトレース ニキ・ラウダ ニキータ・マゼピン ニコラス・トッド ニコラス・ラティフィ ニコ・ヒュルケンバーグ ニコ・ロズベルグ ニック・ハイドフェルド ニック・フライ ニュルブルクリンク ニュージャージー ネルソン・アンジェロ・ピケ ハロー ハンガリーGP ハンガロリンク ハンコック ハースF1 バルセロナ バルテリ・ボタス バレンシア バレンシアGP バレンティーノ・ロッシ バーニー・エクレストン バーレーンGP バーレーン国際サーキット パスカル・ウェーレイン パストール・マルドナド パット・シモンズ パット・フライ パディ・ロウ ヒスパニア・レーシング ピエール・ガスリー ピレリ ファン・モントーヤ フィリピン フェラーリ フェリッペ・ナスル フェリッペ・マッサ フェルナンド・アロンソ フォース・インディア フォード フォーミュラE フラビオ・ブリアトーレ フランク・ウィリアムズ フランスGP フランツ・トスト フレデリック・バッサー ブラジルGP ブラバム ブランズハッチ ブリヂストン ブルガリア ブルーノ・セナ ブレンドン・ハートリー ヘルマン・ティルケ ヘルムート・マルコ ヘレス ベトナム ベルギーGP ペドロ・デ・ラ・ロサ ペーター・ザウバー ホセ・マリア・ロペス ホッケンハイム ホンダ ホー・ピン・トゥン ポルシェ ポルトガル ポールリカール ポール・ストゥダート マイアミ マイク・ガスコイン マイク・コフラン マイケル・アンドレッティ マウリツィオ・アリバベーネ マクラーレン マセラティ マックス・チルトン マックス・フェルスタッペン マッティア・ビノット マニクール マリオ・アンドレッティ マルク・ジェネ マルコ・アンドレッティ マルコ・マッティアッチ マルシア マレーシアGP マ・キンファ マーカス・アームストロング マーカス・エリクソン マーク・ウェバー マーク・スミス マーティン・ブランドル ミカ・サロ ミカ・ハッキネン ミシュラン ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ ムジェロ メキシコGP メルセデス モトGP モナコGP モニシャ・カルテンボーン モンツァ ヤス・マリーナ・サーキット ユナイテッドステーツGP ヨースト・カピート ヨーロッパGP ラスベガス ラファエル・マルシエロ ラルフ・シューマッハ ランス・ストロール ランド・ノリス ランボルギーニ リオ・ハリアント リザーブドライバー リバティ・メディア ルイス・カミレッリ ルイス・ハミルトン ルイス・ペレス・サラ ルカ・フィリッピ ルカ・モンテツェモロ ルノー ルマン24時間レース ルーベンス・バリチェッロ レギュレーション レッドブル レッドブルリンク レーシング・ポイント レース・オブ・チャンピオンズ ロシアGP ロス・ブラウン ロバート・クビサ ロバート・ドーンボス ロブ・スメドリー ロブ・ホワイト ロベルト・メルヒ ロマン・グロージャン ロリー・バーン ロングビーチ ロンドンGP ロン・デニス ロータス ローマ ローラ ワールドシリーズbyルノー ヴィジャイ・マルヤ 上海サーキット 中国GP 中嶋一貴 中嶋大祐 佐藤万璃音 佐藤公哉 佐藤琢磨 八郷隆弘 南アフリカ 国本京佑 富士スピードウェイ 小暮卓史 小松礼雄 小林可夢偉 山本尚貴 山本左近 山本雅史 新型車発表 日本GP 松下信治 武藤英紀 浜島裕英 片山右京 牧野任祐 田辺豊治 福住仁嶺 角田裕毅 鈴木亜久里 鈴鹿サーキット 長谷川祐介