« フェラーリ、ムジェロ・サーキットでタイヤテスト | トップページ | フェルスタッペン親子、オーストリアGPで初競演へ »

2024/06/17

スーパーライセンスの年令制限改定へ

Andrea Kimi Antonelli
A_antonelli_mercedes_l_20240616152201FIA(国際自動車連盟)は、F1参戦に必要なスーパーライセンス発給の最低年令について見直しを行う方針を明らかにした。

現行のF1レギュレーションではスーパーライセンス発給の最低年令は満18歳以上と規定されているが、過去には18歳以下でデビューした例があり、現チャンピオンのマックス・フェルスタッペンもその一人だ。

現実的には、すでに発給ポイントの要件を満たしながらもまだ17歳であるメルセデスの秘蔵っ子アンドレア・キミ・アントネッリ(イタリア)の救済措置ということになりそうだ。
これによりアントネッリが偉大なるチャンピオン、ルイス・ハミルトン移籍の穴を埋める後継者になるかも知れない。

|

« フェラーリ、ムジェロ・サーキットでタイヤテスト | トップページ | フェルスタッペン親子、オーストリアGPで初競演へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェラーリ、ムジェロ・サーキットでタイヤテスト | トップページ | フェルスタッペン親子、オーストリアGPで初競演へ »