« FIA、「2026年アクティブ・エアロ自動化せず」 | トップページ | FIA、6月中に2026年F1技術規則最終決定へ »

2024/06/14

マグヌッセン(ハース)、F1残留に全力も

Kevin Magnussen
K_magnussen_car_lハースF1チームはまだ2025年シーズンのドライバー・ラインナップを明らかにしていないが、レースドライバーの一人であるケビン・マグヌッセンにとって厳しい状況になりそうだ。

というのも同チームではチームメイトだったニコ・ヒュルケンバーグのザウバー・チーム移籍が決まっているものの後任にはすでに現アルピーヌF1のエステバン・オコンの加入が有力となっている。
さらにもう一つのシートには新人起用の可能性が強く、フェラーリ・チームの秘蔵っ子であるオリバー・ベアマンの抜擢が噂されているからだ。

そうしたことから行き過ぎたアグレッシブなパフォーマンスにより問題児となっているマグヌッセンにとってハースに居場所はなくなりつつある。
本人は来季も残留を主張するが、残念ながら希望する継続には否定的な流れになっているようだ。

|

« FIA、「2026年アクティブ・エアロ自動化せず」 | トップページ | FIA、6月中に2026年F1技術規則最終決定へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIA、「2026年アクティブ・エアロ自動化せず」 | トップページ | FIA、6月中に2026年F1技術規則最終決定へ »