« ラスベガスGPに開催中止の嘆願書 | トップページ | M.シューマッハにアルピーヌからF1復帰の動き »

2024/05/14

「まだ戦闘力不足」と、マクラーレン代表

Lando Norris
Miagp_201_20240513103701ランド・ノリスの手により先のマイアミGPでみごとな勝利劇を演じたマクラーレン・レーシングだが、まだレッドブル・レーシングと互角に戦うレベルにはないと陣営を引き締めている。

これは同チームのアンドレア・ステラ代表が次戦ロマーニャGPを前に語ったもの。
それによればマイアミGPで投入した大規模のアップデートによりレッドブルとのギャップは縮まったものの、まだライバルのレベルには到達しておらず、今回はたまたまラッキーな面もあって優勝することができたとした。

これを裏付けるように、レース後フェルスタッペンのマシンにはフロアパネルにトラブルのあったことが報告されている。
またロマーニャGPではフェラーリ・チームがホームグランプリとしてアップデートを施して来る筈だ。

|

« ラスベガスGPに開催中止の嘆願書 | トップページ | M.シューマッハにアルピーヌからF1復帰の動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラスベガスGPに開催中止の嘆願書 | トップページ | M.シューマッハにアルピーヌからF1復帰の動き »