« FIA、新型タイヤガードを実車テスト | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、実質ガーデニング休暇 »

2024/05/12

2024年F1第1四半期、前年同期比45%増収

Image
Start_scene_lF1が2024年第1四半期(1月-3月)の決算を発表、F1の世界的な盛り上がりを受け前年同期比で45%の増収を記録したということだ。

それによれば2023年第1四半期が3億8,100万ドル(約594億円)だったのに対し、今年の同期は5億5,300万ドル(約862億円)に達したとのことだ
ただし今年の3月が全3レースだった一方、昨年の3月は2レースに留まっている。

これについてF1のオーナーであるリバティ・メディアのスポークスパーソンは、「F1はそのすべての分野で健全な発展を遂げている」と語り、自讃した。

|

« FIA、新型タイヤガードを実車テスト | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、実質ガーデニング休暇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FIA、新型タイヤガードを実車テスト | トップページ | A.ニューイ氏(レッドブル)、実質ガーデニング休暇 »