« 角田裕毅(RB)、マイアミGPフリー走行8番手 | トップページ | 予選4位リカルド(RB)、ポイント獲得に意欲 »

2024/05/04

スプリント予選、リカルド(RB)4番手に

Miami Circuit
Miagp_002_202405040621015月03日(金)16時30分(日本時間:翌5時30分)からマイアミ市街地コースを舞台に2024年F1第6戦マイアミGPのスプリントレース予選が行われた。
全20台中、下位5台がノックアウトとなるSQ1は12分間、さらに下位5台がノックアウトとなるSQ2は10分間、最後のSQ3は8分間と、いずれも本来の公式予選より短くなっている。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は28度、路面温度47度、コースはドライコンディションとなっている。

最初のSQ1ではフリー走行で赤旗中断の原因となり実質走れなかったルクレール(フェラーリ)が真っ先にコースイン。
ボタス(ザウバー)とピアストリ(マクラーレン)が危うく接触、審議対象に。
トップはノリス&ピアストリのマクラーレン勢。
レーシング・ブルズは10-11番手に角田裕毅&リカルド。
ここでの敗退はアルボン(ウィリアムズ)、周冠宇(ザウバー)、ボタス(ザウバー)、サージェント(ウィリアムズ)、アルボン(ウィリアムズ)の5台となった。

続くSQ2でもノリス(マクラーレン)が最速。
ここでラッセル(メルセデス)、ハミルトン(メルセデスAMG)、オコン(アルピーヌ)、マグヌッセン(ハース)、そしてトラックリミットを取られた角田裕毅(RB)の5台が敗退。
リカルド(RB)は5番手て突破している。

残り10台で争われたSQ3の結果、明日のスプリントレースのグリッドはポールが本命フェルスタッペン(レッドブル)、2番手ルクレール(フェラーリ)、3番手ペレス(レッドブル)、4番手リカルド(RB)ね5番手サインツ(フェラーリ)、6番手ピアストリ(マクラーレン)、7番手ストロール(アストンマーティン)、8番手アロンソ(アストンマーティン)、9番手ノリス(マクラーレン)そして10番手ヒュルケンバーグ(ハース)というトップ10になった。

明日・土曜日はスプリント決勝レースと日曜日に行われる本番決勝レースのグリッドを決める公式予選行われる予定となっている。

マイアミGPスプリント予選の結果はこちら
マイアミGPの画像はこちら

|

« 角田裕毅(RB)、マイアミGPフリー走行8番手 | トップページ | 予選4位リカルド(RB)、ポイント獲得に意欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 角田裕毅(RB)、マイアミGPフリー走行8番手 | トップページ | 予選4位リカルド(RB)、ポイント獲得に意欲 »