« 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 | トップページ | FIA、新型タイヤガードを実車テスト »

2024/05/11

フェラーリ、レースエンジニア途中交替

Scuderia Ferrari
Prancing_horse_l_20240510110401フェラーリ・チームは次戦ロマーニャGPを前に同チームのルクレール担当レースエンジニアであるシャビ・マルコス氏を更迭、後任にこれまでパフォーマンス・エンジニアを務めてきたブライアン・ボッツィ氏の昇格を正式発表した。

このところ安定した戦績が出せていないルクレールは、レース中に無線でピット・ギャントリー(フェラーリ)と激しいやりとりをするシーンが目撃されていた。
次戦の舞台となるイモラ・サーキットは跳ね馬チームにとってホームグランプリになるため、早期に対策を講じたことになった。

なおマルコス氏はルクレールの担当を外れた後もフェラーリ内に留まり、他の部門で重要なポジションに就くということだ。

|

« 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 | トップページ | FIA、新型タイヤガードを実車テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 | トップページ | FIA、新型タイヤガードを実車テスト »