« バッサー代表(フェラーリ)、ノリス祝勝会に飛び入り参加 | トップページ | 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 »

2024/05/10

再びポイント・システム見直しの動き

Image
M_verstappen_prize_lF1のポイント・システムを見直そうとする動きが再び盛り上がっている。

F1では現在上位10台までポイントが付与されるようになっているが、マシンの熟成に伴い完走率が高まり、ポイントを獲得するのは上位チームに限られるようになってきている。
こうしたことから入賞枠を拡大し、下位チームの持つ不満の救済にも繋げようとするものだ。

具体的に入賞枠をどこまで拡大するかについてはまだ議論を待つ必要があるが、拡大の基本方針についてはすでにF1委員会で同意が得られているとされる。
ただポイント・システムはチャンピオンシップの根幹に関わるものであることから、頻繁な変更は許されないとし、決定には慎重さが求められている。

【現在のポイント・システム】
1位:25ポイント
2位:18ポイント
3位:15ポイント
4位:12ポイント
5位:10ポイント
6位: 8ポイント
7位: 6ポイント
8位: 4ポイント
9位: 2ポイント
10位: 1ポイント
【FastestLap:1ポイント】
【スプリントレース】
1位: 8ポイント
2位: 7ポイント
3位: 6ポイント
4位: 5ポイント
5位: 4ポイント
6位: 3ポイント
7位: 2ポイント
8位: 1ポイント

|

« バッサー代表(フェラーリ)、ノリス祝勝会に飛び入り参加 | トップページ | 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッサー代表(フェラーリ)、ノリス祝勝会に飛び入り参加 | トップページ | 米下院司法委員長、独禁法違反で質問状 »