« 角田裕毅(ビザRB)の予選8番手に高評価 | トップページ | アロンソ降格、角田裕毅(RB)は7位入賞に »

2024/03/24

豪GPサインツが優勝、角田8位入賞

Carlos Sainz
Ausgp_102_202403241448013月24日(日)15時(日本時間13時)からアルバートパーク・サーキットを舞台に2024年F1第3戦オーストラリアGPの決勝レースが全58周で行われた。
レーススタート時の天候は晴れ、気温は20度、路面温度39度、路面はドライコンディションとなっている。

2ラップ目にサインツに抜かれたフェルスタッペンが右リヤから白煙を吐いてスローダウン、ピットに戻りそのままリタイヤとなった。
17周目にはハミルトン(メルセデスAMG)がエンジントラブルを訴えスローダウンしてリタイヤに。
目下サインツ&ルクレールのフェラーリ勢がレースを支配、これにピアストリ&ノリスのマクラーレン勢が続いている。
ガスリー(アルピーヌ)がピットレーン出口のラインカットで5秒のタイムペナルティを科せられる。
57周目、アロンソと競っていたラッセルがコースアウト・クラッシュ。
マシンは大破したが、ドライバーは無事の模様。

そのまま58周のレースはサインツ(フェラーリ)が優勝、昨年のシンガポールGP以来で自身通算3勝目を飾った。
2位にチームメイトのルクレールで、跳ね馬チームの1-2勝利。
3位ノリス、4位地元のピアストリでマクラーレン・レーシング勢が並んだ。
5位ペレス(レッドブル)、6位アロンソ(アストンマーティン)、7位ストロール(アストンマーティン)、8位角田裕毅(レーシング・ブルズ)、9位ヒュルケンバーグ(ハース)、10位マグヌッセン(ハース)でここまでがポイント獲得。

以下、11位アルボン(ウィリアムズ)、12位リカルド(レーシング・ブルズ)、13位ガスリー(アルピーヌ)、14位ボタス(ザウバー)、15位周冠宇(ザウバー)、16位オコン(アルピーヌ)までが完走。
リタイヤはラッセル(メルセデス)、ハミルトン(メルセデスAMG)そしてフェルスタッペン(レッドブル)の3台となった。

オーストラリアGP決勝レースの結果はこちら
オーストラリアGPの画像はこちら

|

« 角田裕毅(ビザRB)の予選8番手に高評価 | トップページ | アロンソ降格、角田裕毅(RB)は7位入賞に »