« 「ホーナー問題」,舞台はFIA(国際自動車連盟)へ | トップページ | ピアストリ(マクラーレン)、2度目のホームグランプリ »

2024/03/19

メルセデスAMG、豪GPで操縦性改善にトライ

Mercedes W15
Mercedes_w15_lメルセデスAMGチームは、かねて改善が必要と指摘される『W15』の不安定なハンドリングについて、今週行われるオーストラリアGPで解決のための対策を講じていることがわかった。

これは同チームでトラックエンジニアリング責任者を務めるアンドリュー・ショブリン氏が明らかにしたもの。
それによれば『W15』は特に決勝レース終盤、燃料を消費して車体が軽くなった時に挙動が不安定になるという課題を抱えていて、ドライバーからはとりわけ高速コーナーの挙動について指摘を受けているのだという。

まずはフェラーリとのライバルバトルを制し、早い段階で独走を続ける王者レッドブルの追撃に掛かりたいところだ。

|

« 「ホーナー問題」,舞台はFIA(国際自動車連盟)へ | トップページ | ピアストリ(マクラーレン)、2度目のホームグランプリ »