« 角田裕毅(ビザRB)、ネイマールと『ダチ』に | トップページ | 苦戦のアルピーヌF1、技術部門幹部が離脱 »

2024/03/05

メルセデスAMG勢、オーバーヒートが障害に

Mercedes AMG
Bahgp_206_20240304130301事前の下馬評に反し決勝レースでは5-7位に留まったメルセデスAMGチームでは、ペースが上がらなかった原因の一つにオーバーヒートの兆候が災いしたことを明らかにした。

ハミルトン&ラッセル二人のドライバーもペース低下の直接の原因はいずれもタイヤのグラデーションにあるとしながらも、冷却の問題存在を訴えているという。

またこれについてはアンドリュー・ショブリン/トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターも今後のグランプリを戦うために解決が必須のテーマであると認めていることが報じられている。

|

« 角田裕毅(ビザRB)、ネイマールと『ダチ』に | トップページ | 苦戦のアルピーヌF1、技術部門幹部が離脱 »