« フリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速 | トップページ | 「マシンは好調」と、アロンソ(アストンマーティン) »

2024/03/08

フリー走行2回目アロンソがトップタイム

Jedda Circit

Jedda Circit Saugp_003_202403080325013月07日(木)20時(日本時間:02時)からジェッダ市街地特設コースを舞台に2024年F1第2戦サウジアラビアGPフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は晴れ 、セッション開始時の気温は25度、路面温度31度、コースはドライコンディションとなっている。

しかし開始直前になって突然のディレー、前戦同様排水口の確認と伝えられている。
結局セッションは10分遅れで開始。
各車ソフトタイヤでのアタックやロングランのシミュレーションを重ねる。

終了間際、ハミルトン(メルセデス)がパワーロスを訴えてガレージに戻る。
トップタイムはアロンソ(アストンマーティン)の1'28.827。
以下ラッセル(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル),ルクレール(フェラーリ)、ペレス(レッドブル)、ストロール(アストンマーティン)、サインツ(フェラーリ)、ハミルトン(メルセデス)、ガスリー(アルピーヌ)、ピアストリ(マクラーレン)の順。
角田裕毅(ビザRB)11番手、リカルド19番手だった。

明日・金曜日は注目の公式予選が行われる予定となっている。

サウジアラビアGPフリー走行2回目の結果はこちら
サウジアラビアGPの画像はこちら

|

« フリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速 | トップページ | 「マシンは好調」と、アロンソ(アストンマーティン) »