« ピアストリ(マクラーレン)がシュートアウト最速 | トップページ | 「ポイント獲得を狙う」と角田裕毅(アルファタウリ) »

2023/10/08

スプリントは新人ピアストリ(マクラーレン)が制す

Losail Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10月07日(土)20時半(日本時間:翌02時半)からロサイル・サーキットを舞台に2023年F1第18戦カタールGPの新形式レースであるスプリントレースが行われた。

昨年までのようにこの結果が日曜日に行われる決勝レースのグリッド等に影響を及ぼすことはない。
またスプリントでのポイント配分は上位8名が対象となり、1位から順に8-7-6-5-4-3-2-1の得点となっている。
天候は晴れ、レース開始時の気温は32度、路面温度37度、コースはドライコンディションとなっている。
スプリント・シュートアウトに先駈けトラックリミット規制がさらに変更され角田裕毅ら多くのドライバーがその『被害』に遭っている。

オープニングラップでローソン(アルファタウリ)がコースアウト・ストップしてセーフティカーに。再スタート後今度はサージェント(ウィリアムズ)がコースアウトして再びセーフティカー、その間に首位はピアストリ(マクラーレン)からラッセル(メルセデス)に替わっている。
7周目再スタート。
11周目、オコン(アルピーヌ)、ペレス(レッドブル)、ヒュルケンバーグ(ハース)らが相次いでコースアウト。

再び首位はピアストリに替わり、そのまま19周を走りきってF1初勝利を飾ってみせた。
2位にフェルスタッペン(レッドブル)で今シーズンの、そして自身通算3度目となるドライバーズ・チャンピオンを決めた。
3位ノリス(マクラーレン)、4位ラッセル(メルセデス)、5位ハミルトン(メルセデス)、6位サインツ(フェラーリ)、7位ルクレール(フェラーリ)、8位アルボン(ウィリアムズ)までがポイント獲得となった。
角田裕毅(アルファタウリ)は12位、ローソンはリタイヤとなっている。

明日日曜日は20時(日本時間:翌02時)より全57周でカタールGP決勝レースが予定されている。

カタールGPの画像はこちら

|

« ピアストリ(マクラーレン)がシュートアウト最速 | トップページ | 「ポイント獲得を狙う」と角田裕毅(アルファタウリ) »