« 「ポイント獲得を狙う」と角田裕毅(アルファタウリ) | トップページ | 体調不良で離脱のサージェント、「ゴールできず申し訳ない」 »

2023/10/09

カタールGPもフェルスタッペン(レッドブル)完勝

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
10月08日(日)20時(日本時間:翌02時)からロサイル・サーキットを舞台に2023年F1第18戦カタールGPの決勝レースが全57周で行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温は32度、路面温度37度、路面はドライコンディション。
スターティンググリッドは金曜日に行われた予選結果に基づいていてフェルスタッペンがポールシッターだ。
なおタイヤには周回数に18周の制限が設けられている。
サインツ(フェラーリ)が燃料系トラブルで欠場となっている。

オープニングラップ、メルセデスAMG勢が同士討ちでハミルトンがコースアウト、セーフティカー先導となる。
5周目レース再開。
10周目、9位まで上がった角田裕毅(アルファタウリ)がタイヤ交換で最後尾に下がる。
タイヤ制限のせいか、ピットストップが相次ぎ順位変動が慌ただしく繰り返される。
42周目、サージェント(ウィリアムズ)か体調不良で戦線離脱。

優勝はポールポジションからスタートのフェルスタッペンで前戦日本GPに続くポールTOウィン、今季14勝目自身、通算49勝目を飾った。
2位は前日スプリントレースを制したピアストリ(マクラーレン)、3位もマクラーレンのノリス、以下ラッセル(メルセデス)、ルクレール(フェラーリ)、アロンソ(アストンマーティン)、オコン(アルピーヌ)、ボタス(アルファロメオ)、周冠宇(アルファロメオ)、そして10位ペレス(レッドブル)までがポイント獲得のトップ10フィニッシュ。
続いてストロール(アストンマーティン)、ガスリー(アルピーヌ)、アルボン(ウィリアムズ)、マグヌッセン(ハース)、角田裕毅(アルファタウリ)、ヒュルケンバーグ(ハース)、ローソン(アルファタウリ)までが完走、リタイヤはサージェント(ウィリアムズ)、ハミルトン(メルセデス)そして欠場サインツ(フェラーリ)の3台となった。

カタールGP決勝レースの結果はこちら
カタールGPの画像はこちら

|

« 「ポイント獲得を狙う」と角田裕毅(アルファタウリ) | トップページ | 体調不良で離脱のサージェント、「ゴールできず申し訳ない」 »