« カタールGP予選、フェルスタッペン(レッドブル)揺るがず | トップページ | スプリントは新人ピアストリ(マクラーレン)が制す »

2023/10/08

ピアストリ(マクラーレン)がシュートアウト最速

Losail Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10月07日(土)ロサイル・サーキットを舞台に2023年F1第18戦カタールGPの新形式予選スプリントシュートアウトが行われた。
この結果により今晩行われるスプリントレースのグリッドが決まる。
なお従来の公式予選とは異なり、全20台中、下位5台がノックアウトとなるSQ1は12分間、さらに下位5台がノックアウトとなるSQ2は10分間、最後のSQ3は8分間と、いずれも短くなっている。

これに先駈けFIAはコースの一部を変更、事実上の新コースということで10分間の特別セッションが用意された。
20分遅れで行われたQ1でさっそくコース変更の影響が出てストロール(アストンマーティン)、アルボン(ウィリアムズ)、角田裕毅(アルファタウリ)、マグヌッセン(ハース)、そしてサージェント(ウィリアムズ)が脱落となった。

続くQ2ではオコン(アルピーヌ)、ガスリー(アルピーヌ)、ハミルトン(メルセデス)、ローソン(アルファタウリ)、周冠宇(アルファロメオ)の5台が脱落、ハミルトンは2度のトラックリミット違反でベストタイムを取り消されている

最終のQ3ではマクラーレン・レーシングの詩人オスカー・ピアストリ(21歳:オーストラリア)が最速タイムを記録、スプリント・シュートアウトとはいえ、自身初のポールシッターを決めた。
この結果、この後行われるスプリントレースのトップ10はピアストリ(マクラーレン)、ノリス(マクラーレン)、フェルスタッペン(レッドブル)、ラッセル(メルセデス)、アロンソ(アストンマーティン)、サインツ(フェラーリ)、ルクレール(フェラーリ)、ヒュルケンバーグ(ハース)、ペレス(レッドブル)そしてオコン(アルピーヌ)となった。

カタールGPスプリントレースはこの後20時半(日本時間:翌02時半)から行われる。

カタールGPの画像はこちら

|

« カタールGP予選、フェルスタッペン(レッドブル)揺るがず | トップページ | スプリントは新人ピアストリ(マクラーレン)が制す »