« アルファタウリ、カタールGPもローソン起用 | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)突破 »

2023/10/07

カタールGPフリー、フェルスタッペン(レッドブル)最速

Losail Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10月06(金)16時30分(日本時間:20時30分)からロサイル・サーキットを舞台に2023年F1第18戦カタールGPのフリー走行セッションが始められた。
今年から導入された新しいスプリントレース・レギュレーションによりフリー走行はこの1回だけになっている。

天候は晴れ、セッション開始時の気温は36度、路面温度42度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回6種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

普段レースが行われておらず、またサポートレースも1戦しかないということでマシンが走ると水煙ではなく大きな砂煙が巻き上げられる始末。
また時間帯も予選・決勝とは異なるが、フリー走行はこの1回しかないため各車走らざるを得ない状況だ。

トップはまたもフェルスタッペン(レッドブル)、以下サインツ(フェラーリ)、ルクレール(フェラーリ)、アロンソ(アストンマーティン)、ペレス(レッドブル)、角田裕毅(アルファタウリ)、ヒュルケンバーグ(ハース)、ラッセル(メルセデス)、ピアストリ(マクラーレン)、そしてノリス(マクラーレン)というトップ10になった。
アルファタウリのローソンは19番手発進となった。

このあと20時(日本時間:翌02時)から日曜日に行われる決勝レースのスターティンググリッドを決める公式予選が行われる予定となっている。

カタールGPの画像はこちら

|

« アルファタウリ、カタールGPもローソン起用 | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)突破 »