« 初リードラップのピアストリ(マクラーレン)、「感激」 | トップページ | レッドブル・レーシング、開幕12連勝の新記録 »

2023/07/30

ベルギーGPはフェルスタッペン(レッドブル)の完勝

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
7月23日(日)15時(日本時間:22時)からスパフランコルシャンを舞台に2023年F1第13戦ベルギーGPの決勝レースが全44周で行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温18度、路面温度22度、路面はドライコンディションとなっている。
なおポールポジションのフェルスタッペンはギヤボックス交換のため6番グリッドからのスタート、また最後尾のヒュルケンバーグ(ハース)はピットレーンスタートを選択している。

オープニングラップでサインツと接触したピアストリが2周目にストップ。
追い上げていたフェルスタッペンが17周目ついにトップに立つ。
角田裕毅は6位、ここでついに雨粒が。
幸い雨はすぐに収まり、ドライタイヤでの攻防が続く。
フリーストップのハミルトンがファステストラップを狙ってタイヤ交換。

44周のレースを制したのはまたしても王者フェルスタッペン(レッドブル)。
マイアミGPから8連勝で今季10勝目で自身通算45勝を記録した。
2位もレッドブルのペレス、3位ルクレール(フェラーリ)、4位首尾よくファステストラップ・ポイントを得たハミルトン(メルセデス)、5位アロンソ(アストンマーティン)、6位ラッセル(メルセデス)、7位ノリス(マクラーレン)、8位オコン(アルピーヌ)、9位ストロール(アストンマーティン)、10位に角田裕毅(アルファタウリ)でここまでが入賞。
以下ガスリー(アルピーヌ)、ボタス(アルファロメオ)、周冠宇(アルファロメオ)、アルボン(ウィリアムズ)、マグヌッセン(ハース)、リカルド(アルファタウリ)、サージェント(ウィリアムズ)、ヒュルケンバーグ(ハース)までが完走。
リタイヤとなったのはサインツ(フェラーリ)とピアストリ(マクラーレン)の2台だった。

^ベルギーGP決勝レースの結果はこちら
^ベルギーGPの画像はこちら

|

« 初リードラップのピアストリ(マクラーレン)、「感激」 | トップページ | レッドブル・レーシング、開幕12連勝の新記録 »