« 予選Q2、英国勢が活躍 | トップページ | ジャッキー・スチュワート氏、一時重態だった »

2023/07/09

イギリスGP予選、フェルスタッペン(レッドブル)PP

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
7月08日(土)15時(日本時間:23時)からシルバーストーン・サーキットを舞台に2023年F1第11戦イギリスGP公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

ピレリは今回6種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC1、ミディアムのイエローにC2、そしてレッドのソフトにC3という硬い部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。
天候は曇り、Q3開始時の気温は22度、路面温度は25度、コースはドライコンディションとなっている。

セッション最後に繰り広げられたタイムアタックの結果、フェルスタッペン(レッドブル)がポールポジション獲得、モナコGPから続く5回連続で今季7回目、自身通算30回目の快挙。
2位に地元のノリス(マクラーレン)、3位新人のピアストリ(マクラーレン)、チームにとってホームグランプリでもある。
4位ルクレール(フェラーリ)、5位サインツ(フェラーリ)、6位ラッセル(メルセデス)、7位ハミルトン(メルセデス)、8位アルボン(ウィリアムズ)、9位アロンソ(アストンマーティン)、10番手ガスリー(アルピーヌ)となった。

イギリスGP決勝レースは9日(日)15時(日本時間:23時)から全52周で行われる。

イギリスGP公式予選の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、英国勢が活躍 | トップページ | ジャッキー・スチュワート氏、一時重態だった »