« カナダGPの週末、金・土ににわか雨の可能性も | トップページ | 角田裕毅(アルファタウリ)、パワーユニット交換で最後尾に »

2022/06/18

カナダGPフリー1回目、フェルスタッペン最速

Gilles Villeneuve Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
6月17日(金)14時(日本時間:翌3時)からジル・ビルニューブ・サーキットを舞台に2022年F1第9戦カナダGPのフリー走行1回目セッションが始められた。

天候は晴れ、セッション開始時の気温は25度、路面温度41度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回も5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC3、ミディアムのイエローにC4、そしてレッドのソフトにC5という柔らかい部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。

開始約15分、オコン(アルピーヌ)のマシンにブレーキダクトを路面にあったベーパータオルが塞ぐというトラブルが起き、白煙を上げてピットストップを余儀なくされた。
カナダGP最初のセッションでスピードをみせたのはレッドブルのフェルスタッペンで1'15.158を記録、続いたのはフェラーリノサインツで、こちらは1'15.404。
以下、3番手アロンソ(アルピーヌ)、4番手ペレス(レッドブル)、5番手ルクレール(フェラーリ)、6番手ラッセル(メルセデス)、7番手ストロール(アストンマーティン)、8番手ハミルトン(メルセデス)、9番手ベッテル(アストンマーティン)、10番手にリカルド(マクラーレン)が付けた。
アルファタウリ勢はガスリー11番手、角田裕毅は14番手となっている。
このあと17日(金)(日本時間:翌6時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

カナダGPフリー走行1回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« カナダGPの週末、金・土ににわか雨の可能性も | トップページ | 角田裕毅(アルファタウリ)、パワーユニット交換で最後尾に »