« FIA、ピットレーン出口の『白線跨ぎ』を明確化へ | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)7番手タイムで突破 »

2022/06/11

アゼルバイジャンGPフリー3回目、ペレス(レッドブル)最速

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
6月11日(土)15時(日本時間:20時)からバクー市街地コースを舞台に2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目セッションが始められた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は27度、路面温度46度、コースはドライコンディションとなっている。

セッションはバリヤ修復のため15分遅れてスタートすることがアナウンスされた。
フェラーリとレッドブルの4台はここでも激しいバトルを繰り広げたが、結局1回目セッションと同じくペレス(レッドブル)に軍配。
これにルクレール(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、そしてサインツ(フェラーリ)と続いた。
以下、ノリス(マクラーレン)、リカルド(マクラーレン)、ガスリー(アルファタウリ)、ラッセル(メルセデス)、オコン(アルピーヌ)、ベッテル(アストンマーティン)というトップ10。
角田裕毅(アルファタウリ)は16番手に留まった。
この後、18時(日本時間:23時)から注目の公式予選が行われる予定となっている。

アゼルバイジャンGPフリー走行3回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« FIA、ピットレーン出口の『白線跨ぎ』を明確化へ | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)7番手タイムで突破 »