« アゼルバイジャンGPはフェルスタッペン勝利 | トップページ | マシントラブルの角田裕毅(アルファタウリ)、「一番悔しい」 »

2022/06/13

フェラーリ勢、「信頼性の確保が緊急課題」

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズン、ここまで7戦で予選1位が5回、2位が2回と圧倒的なスピードをみせつけているフェラーリ・チームだが、肝心の決勝レースではまだ優勝2回と不振に苦しんでいる。
そこで対策した筈のアゼルバイジャンGPでは、結果は2台ともマシントラブルでリタイヤを喫するなど最悪の状況をみせつける゛はかりだ。

これについてルクレール&サインツ両ドライバーは、「少なくともレースを最後まで走り切る信頼性がなければ、レースで戦いようがない」と、口を揃えた。

心配されるのは、こうした不振が続くと、このチームではお家騒動の勃発が常であるということ。
あるチーム関係者は、「チーム内の信頼が粉砕される前に、この困難の打開が図られるよう、願うばかり」だとエールを送っている。

|

« アゼルバイジャンGPはフェルスタッペン勝利 | トップページ | マシントラブルの角田裕毅(アルファタウリ)、「一番悔しい」 »