« レッドブル、セルジオ・ペレスとの契約2024年まで延長 | トップページ | ペレス(レッドブル)契約延長でガスリー離脱の可能性も »

2022/06/01

ペレス(レッドブル)、モナコGPの最速ピットストップも

Sergio Perez (C)Redbull Racing
拡大します
29日(日)行われたモナコGP決勝レースで最速のピットストップタイム(DHLファステスト・ピットストップ・アワード)を記録したのは、またしても常連であるレッドブル・レーシングのクルーだった。

それによれば最速は16周目にセバスチャン・ベッテルを2.30秒の作業でコースに復帰させた際に記録されたのもの。
今回の2位は、マクラーレン・レーシングでランド・ノリスの2.38秒、3位はアルピーヌF1のフェルナンド・アロンソの2.42秒だった。

なおこのレースの『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選ばれたのは、これが今季初勝利となったペレス(レッドブル)。

またボーナスの1ポイントが与えられるこのレースの『ファステストラップ・アワード』は、マクラーレン・レーシングのランド・ノリスが55周目に記録した1'14.693で獲得した。
なお2番目は角田裕毅(アルファタウリ)の1'15.334だった。

|

« レッドブル、セルジオ・ペレスとの契約2024年まで延長 | トップページ | ペレス(レッドブル)契約延長でガスリー離脱の可能性も »