« 「ドライバー仲はいい」と、トト・ウォルフ代表(メルセデス) | トップページ | ラティフィ(ウィリアムズ)、シート喪失の危機説浮上 »

2022/05/05

トニー・ブルックス氏(元フェラーリ)、死去

Tony Brooks (C)Ferrari S.p.A
1950年代から60年代に掛けてフェラーリ等でF1に参戦したトニー・ブルックス氏が老衰のため死去した。享年90歳。

1932年にイングランドで生まれたブルックス氏は24歳の時にBRMからF1デビュー。
その後ヴァンウォールで4勝を挙げ、フェラーリに移籍してさらに2勝を加えるなど活躍。
1959年にはジャック・ブラバム氏に次いでドライバーズ・ランキング2位となった。

なお歯科医の資格を持っていたことから『走る歯科医(The Racing Dentist)』の愛称でも知られた。

|

« 「ドライバー仲はいい」と、トト・ウォルフ代表(メルセデス) | トップページ | ラティフィ(ウィリアムズ)、シート喪失の危機説浮上 »