« アルファロメオ&ザウバー、7月に交渉結論を明らかに | トップページ | フェラーリ、次戦マイアミGPで新型リヤウィング投入へ »

2022/04/29

シュワルツマン(フェラーリ)、イスラエル・ライセンスで問題なし

Robert Shwartzman (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)メンバーであるロバート・シュワルツマン(22歳:ロシア)について、所有するレーシング・ライセンスがイスラエルの連盟の発行するものだとして、いわゆるウクライナ侵攻問題でのロシア制裁の対象には該当しないと主張した。

これは同チームのマッティア・ビノット代表が語ったもので、「シュワルツマンはロシア国籍となっているが、元々イスラエルの生まれでこちらの国籍も持っている。
パスポートもそうだし、レーシング・ライセンスもロシアのものではない。
従って、引き続きわれわれチームの一員であることに何も問題はない」とのことだ。

ただその前提としてロシアからのサポート、スポンサーシップなどはすべて中断しなければならないということで、こうした面での本人とチームが受けるダメージは決して小さくないようだ。

|

« アルファロメオ&ザウバー、7月に交渉結論を明らかに | トップページ | フェラーリ、次戦マイアミGPで新型リヤウィング投入へ »