« 自民党、『公道レース法案』提出へ | トップページ | F1、「来年のサウジアラビアGP開催は予定通り」 »

2022/04/02

マクラーレン・レーシング、「不調の原因は複数」

McLaren 『MCL36』 (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズン、コンストラクターズ・ランキング4位と健闘したマクラーレン・レーシングだが、今季は2戦を終え10チーム中8位と思わぬ苦戦を強いられている。
これについて同チームのアンドレアス・ザイドル代表が次のように懸念を示している。

「メディアからはメルセデスから供給される新しいPU(パワーユニット)に原因があるように言われているが、問題はそれだけではないと考えている。
ストレートで伸びないだけでなく、ドライバーはグリップの欠如を訴えているからね。
だから問題解決には時間が掛かるかも知れない」

なお同じPU(パワーユニット)を搭載する本家メルセデスAMGチームも同様にシャシー側の問題を抱えていると言われている。

|

« 自民党、『公道レース法案』提出へ | トップページ | F1、「来年のサウジアラビアGP開催は予定通り」 »