« モナコ自動車クラブ会長、モナコGP消滅説を否定 | トップページ | アストンマーティン、クラッシュ続出でピンチに »

2022/04/18

2022年マシン、規定の最低重量クリアはなし

Image (C)RedBull Racing
拡大します
イタリア・メディアらが報じたところによれば、レギュレーション変更により重量増加が見込まれた今シーズン、規定の最低重量である798キロ以下のマシンを実現しているチームは現在のところ一つもないということだ。

その推測によれば、最も軽量とされるフェラーリでも約800キロで、これにアルピーヌら多くのチームが並び、アルファタウリもその一つとされる。
一方、最も重いと目されるのはアストンマーティンで815キロ。
早い時期からその重さが伝えられてきたレッドブルは2番目の810キロと見込まれていて、フェラーリとの差は10キロ、806キロとされるメルセデスとは4キロの差となっている。

通常、実際のマシン重量は規定以下に製作され、下回った分を適切な位置にバラストを搭載する形で相殺する、戦略の一つに使われている。
今年のように全チームのマシンが規定よりオーバーというのは珍しいケースとみられる。

|

« モナコ自動車クラブ会長、モナコGP消滅説を否定 | トップページ | アストンマーティン、クラッシュ続出でピンチに »