« 初入賞リカルド(マクラーレン)、「ファンのために良かった」 | トップページ | 「楽勝だった訳じゃない」と、ルクレール(フェラーリ) »

2022/04/12

豪GP最速ピットストップはレッドブル・レーシング

Tyre Work (C)Pirelli Motorsport
拡大します
10日(日)行われたオーストラリアGP決勝レースで最速のピットストップタイム(DHLファステスト・ピットストップ・アワード)を記録したのは、この常連であるレッドブル・レーシングのクルーだった。

それによれば最速は20周目にセルジオ・ペレスを2.31秒の作業でコースに復帰させた際のもの。
2位は2.42秒のノリス(マクラーレン)と、同じく2.42秒のリカルド(マクラーレン)となった。

なおこのレースで『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選ばれたのは、ポールTOウィンを果たしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)で、これで今季3戦連続の受賞となった。
またボーナスの1ポイントが与えられるこのレースのファステストラップ・アワード』も同じくルクレール(フェラーリ)が獲得した。

|

« 初入賞リカルド(マクラーレン)、「ファンのために良かった」 | トップページ | 「楽勝だった訳じゃない」と、ルクレール(フェラーリ) »