« 角田裕毅(アルファタウリ)のトラブルは冷却系 | トップページ | 角田裕毅(アルファタウリ)、「チームと共に改善図る」 »

2022/03/28

サウジアラビアGPはフェルスタッペン(レッドブル)優勝

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
3月27日(日)20時(日本時間:翌2時)から2022年F1第2戦サウジアラビアGPの決勝レースがジェッダ・サーキットを舞台に全50周で行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温は25度、路面温度28度、路面はドライコンディションとなっている。
シューマッハ(ハース)は公式予選でのクラッシュを受け、大事を取って決勝レースを欠場となっている。
通常通り各車スタート前のレコノサンスラップに入ったが、なんと角田裕毅(アルファタウリ)がまたストップするシーンが映し出された。
前日の予選に続き、1周もすることなく2年目のサウジアラビアGPを終えた。
これによりグリッドに着いたのは全18台となっている。
なおリカルド(マクラーレン)は他車の走行を妨害したとして3グリッド降格となっている。

オープニングラップ、ポールのペレスはスタートを決めて首位キープ。
4番手のフェルスタッペンはサインツをかわして3位にアップした。
中団でバトルを演じていたアルピーヌの2台にタイム・ペナルティが通告された模様。
ハミルトンは入賞圏内まで順位を上げている。
16周目、ラティフィ(ウィリアムズ)がクラッシュ、セーフティカーが入り多くのマシンがタイヤ交換にピットへ向かう。
順位はルクレール、フェルスタッペン、ペレス、サインツ、ラッセルの順。
直前にピットストップしたペレスは割を喰う形に。
さらにペレスとサインツのコース復帰順位についてノートされた。

21周目レース再開。
ペレスとサインツは順位を入れ替えた。
36周目、アロンソ(アルピーヌ)がパワーを失ってストップ。
続いてリカルド(マクラーレン)もスローダウン、再びバーチャル・セーフティカーに。
さらにボタス(アルファロメオ)もガレージに。
ピットレーン・クローズドでハミルトンは効果的なタイヤ交換のチャンスを逸することに。
再開後、首位争いのルクレールとフェルスタッペンが熾烈なオーバーテイク合戦を演じる。
アルボンとストロールが接触してイエローコーション。
最終的にフェルスタッペンがルクレールを押さえきって最初のチェッカーフラッグをかいくぐった。

フェルスタッペン(レッドブル)の勝利は昨季の最終戦アブダビGP以来で今季初、自身通算21回目の快挙。
2位はルクレール(フェラーリ)、3位もフェラーリのサインツ。
ポールスタートのペレス(レッドブル)は4位で、ピットストップのタイミングが足を引っ張った形となった。
5位ラッセル(メルセデス)、6位オコン(アルピーヌ)、7位ノリス(マクラーレン)、8位ガスリー(アルファタウリ)、9位マグヌッセン(ハース)、10位ハミルトン(メルセデス)までがポイント獲得。
以下、周冠宇(アルファロメオ)、ヒュルケンバーグ(アストンマーティン)、ストロール(アストンマーティン)、そして実質リタイヤのアルボン(ウィリアムズ)までが完走扱い。
アルボンはイエローのタイミングで古巣のフェルスタッペン勝利に貢献した形だ。
リタイヤはボタス(アルファロメオ)、アロンソ(アルピーヌ)、リカルド(マクラーレン)、ラティフィ(ウィリアムズ)、そしてスタートせずの角田裕毅(アルファタウリ)と計5台となった。
続く第3戦オーストラリアGPは4月10日(日)決勝レースが予定されている。

サウジアラビアGP決勝レースの結果はこちら
サウジアラビアGPの画像はこちら

|

« 角田裕毅(アルファタウリ)のトラブルは冷却系 | トップページ | 角田裕毅(アルファタウリ)、「チームと共に改善図る」 »