« サウジアラビアGP、視界改善に一部コーナー改修 | トップページ | ハースF1、ロシアマネーからの訣別正式発表 »

2022/03/06

アントニオ・ジョビナッツィ、「F1復帰に障害はない」

Antonio Giovinazzi (C)Alfaromeo Racing
拡大します
ウクライナ騒動の影響を受け、ロシア資本との訣別が確実になっているハースF1チームでは、ロシア資本であるタイトル・スポンサーの『ウラルカリ』との契約解除だけでなく、2年目のレースドライバーであるニキータ・マゼピンの離脱も確定的となっている。

その後任には同チームのリザーブ&テストドライバーであるピエトロ・フィッティパルディ(25歳:ブラジル)の昇格、もしくは昨季までアルファロメオF1チームのレースドライバーだったアントニオ・ジョビナッツィ(28歳:イタリア)の移籍の可能性が表面化しているようだ。

現在『ドラゴン・ペンスキー』と契約してフォーミュラEシリーズに参戦中のジョビナッツィだが、同チームとの契約には『解除条項』があり、F1への復帰に支障はないとしている。
戦闘力に欠けるアルファロメオで昨年まで元チャンピオンのキミ・ライコネンを凌ぐ活躍をみせたジョビナッツィの復帰には母国イタリアからの熱い期待もあるようだ。

|

« サウジアラビアGP、視界改善に一部コーナー改修 | トップページ | ハースF1、ロシアマネーからの訣別正式発表 »