« シンガポールGP、2028年まで長期延長契約結ぶ | トップページ | キミ・ライコネン、2輪モトクロス・チームの代表に就く »

2022/01/28

8年ぶり、F1に『カーナンバー1』復活へ

No.1 (C)Redbull Racing
2021年シーズン、悲願のドライバーズ・タイトルを獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、規定に則りチャンピオンシップ・ナンバーの『1番』を付けることをあらためて明らかにした。

タイトル獲得が決まった時点でカーナンバーをこれまでの33から栄光の1に変更することを明言していたが、マシンだけでなくこのほどヘルメットのデザインを変更することを示唆したもの。

F1ドライバーにとって夢のカーナンバー1だが、実際にコースでみられるのは8年ぶりということになる。
最後は2014年のベッテル(当時レッドブル)で、その後は2016年のロズベルグを除いてすべてハミルトン。
ハミルトンは自身のナンバー44に固執、またロズベルグはタイトル獲得の年に引退したため実際に1を付けることはなかった。

|

« シンガポールGP、2028年まで長期延長契約結ぶ | トップページ | キミ・ライコネン、2輪モトクロス・チームの代表に就く »