« レッドブルの新型車、クラッシュテストに失敗の噂 | トップページ | ホンダF1、2025年までエンジン供給実質継続の案も »

2022/01/31

2022年のF1、木曜日のスケジュールを廃止に

Press Scene (C)Williams Racing
拡大します
これまで通常、F1のグランプリウィークは木曜日のメディアセッションからスタートしていたが、2022年はこうした木曜日の日程を廃止することがわかった。
これに従い木曜日に行われていたドライバー会見は金曜日のフリー走行1回目セッション前に行われることになった。

正式なタイムスケジュールはまだ公表されていないが、公式ドライバー会見の時間は最大2時間、終了時刻はフリー走行セッションがスタートする1時間半前までとされたため、金曜日のタイムスケジュールはおしなべてこれまでより繰り下げられる見通しだ。

また3回のフリー走行はすべて60分間に、加えて金曜日のフリー走行1回目と2回目の間に行われていたチーム代表による記者会見は、土曜日朝に移動されるという。

|

« レッドブルの新型車、クラッシュテストに失敗の噂 | トップページ | ホンダF1、2025年までエンジン供給実質継続の案も »