« フェラーリ、『75周年・記念ロゴ』を発表 | トップページ | メルセデスAMG、2022年は再び『シルバーアロー』復活か »

2022/01/02

トト・ウォルフ代表(メルセデス)、競技委員の判断に異義

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデスAMGチームのトト・ウォルフ代表が、最後まで縺れた2021年シーズンのドライバーズ・チャンピオンシップを引き合いに、レーススチュワード(審査委員)の判断の統一性について不満をみせている。

これは、タイトルが決まる最終戦アブダビGPのレース終盤、セーフティカーの導入とレース再開時の混乱で、スチュワードの誤った判断をしたと同代表は主張しているもの。
メルセデスAMGチームはこの判断について抗議したが、最終的に取り下げてはいる。

しかし同代表は将来について、「このようにコントロールタワーの判断がブレていたのでは、公平なチャンピオンシップは運営できない。
今後は筋の通った公正な判断を徹底して欲しい」と、釘を刺した。

|

« フェラーリ、『75周年・記念ロゴ』を発表 | トップページ | メルセデスAMG、2022年は再び『シルバーアロー』復活か »