« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(12/12) | トップページ | フェルスタッペン、ファイナルラップでソフトタイヤのスピードを最大限に活かしタイトル獲得 (ピレリ) »

2021/12/13

三部敏宏社長(ホンダ)のコメント

Honda Logo (C)Honda Racing
拡大します
今年限りでF1から撤退、その最後のレースで優勝、そしてフェルスタッペン(レッドブル)の初タイトル獲得を支えたホンダの三部敏宏社長が次のようなコメントを表した。

【三部敏宏(本田技研工業(株)社長)】

「フェルスタッペン選手、初のワールドチャンピオンおめでとうございます。
HRD-Sakuraでの観戦となりましたが、最後の最後までチャンピオンへの可能性をあきらめないで攻め続ける姿にとても感動しました。

2019年からともに戦い続けてきたフェルスタッペン選手とレッドブル・レーシングの皆様に祝福と感謝の気持ちをお伝えするとともに、これまでHondaのF1プロジェクトに対し多大なるサポートをいただいたスクーデリア・アルファタウリやサプライヤー様ならびに関係者の皆様、そしていつもHonda F1を応援して下さるファンの皆様に御礼申し上げます。

また、Hondaにとっても悲願であるF1タイトルを獲得し、Hondaの歴史に新たな1ページを記すことができました。
F1で王者になることを目標に地道な研究開発を続け、数々のブレイクスルーを果たしてきたてきたHRD-SakuraやHRD-UKなどのプロジェクトに携わったすべてのメンバーに対しては、『本当によくやってくれた!ありがとう』という思いでいっぱいです」

|

« ホンダ系チーム、決勝レースコメント(12/12) | トップページ | フェルスタッペン、ファイナルラップでソフトタイヤのスピードを最大限に活かしタイトル獲得 (ピレリ) »