« ホーナー代表(レッドブル)、「望み得る最高の結果」 | トップページ | ザイドル代表(マクラーレン)、「最後はチームの責任」 »

2021/09/28

ロシアGPの最速ピットストップ記録はボタス(メルセデス)

Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
日曜日に行われたロシアGP決勝レースで最速のピットストップタイム(DHLファステスト・ピットストップ・アワード)を記録したのは、メルセデスAMGチームのクルーだった。

最速タイムはこのレースで5位となったバルテリ・ボタスが28周目に行ったピットストップで、2.45秒というもの。
2位はガスリー(アルファタウリ)の2.50秒、3位はルクレール(フェラーリ)の2.60秒と今回はいずれも平凡なものとなった。

また、このレースの『ドライバー・オブ・ザ・デー』は惜しくも初優勝を逃がしたマクラーレン・レーシングのランド・ノリスが獲得。
そのノリスはレース中のファステストラップである『DHLファステストラップ・アワード』も39周目に記録している。

|

« ホーナー代表(レッドブル)、「望み得る最高の結果」 | トップページ | ザイドル代表(マクラーレン)、「最後はチームの責任」 »