« 2022年型F1マシン、視界に難点ありか | トップページ | 「来季ドライバー発表」遅れる見込みのメルセデス »

2021/08/23

日本GP中止、日本政府の対応に疑問符

2021日本GPロゴ (C)Honda Racing
拡大します
結局今年も新型コロナウイルスの影響により中止という決断に追い込まれたF1日本GPだが、最後まで開催に向け奔走した鈴鹿サーキット(モビリティランド)の田中薫社長が、その背景について次のように語った。

それによれば日本GPのために海外から入国する関係者について、入国ビザの発給、及び入国後の隔離措置について最後までこれを保証する政府からの回答が得られず、時間的に不可能と判断したものという。

主催者側は入国する人間のリスト化や使用する空港の限定化を行うなどの準備をしたが、政府はイベントの窓口はスポーツ庁、ビザを発給するのは外務省、防疫を判断するのは厚労省、入国の審査は法務省といった具合で対応に時間が掛かる背景が露呈したという。

ホンダF1最後の年、そして7年ぶりの日本人F1ドライバーのフル参戦など開催への期待が大きかっただけに、無念さを隠せなかった。

|

« 2022年型F1マシン、視界に難点ありか | トップページ | 「来季ドライバー発表」遅れる見込みのメルセデス »