« フリー2回目、フェルスタッペンのクラッシュで終える | トップページ | F1、超小型ヘルメットカメラ映像お披露目 »

2021/08/28

2022年初開催のマイアミGP、辣腕運営者を起用

Richard cregan (C)Ex.Panasonic Toyota Racing
拡大します
2022年にアメリカ第2のグランプリとして開催が予定されているマイアミGPの主催者は、専門的知識や経験を活かした運営責任者としてリチャード・クレガン氏(アイルランド)を起用することを明らかにした。

元トヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)で同社のF1やスポーツカーレースで実績を挙げたクレガン氏は、その後アブダビGPの開催地ヤス・マリーナ・サーキットの責任者を契機にグランプリ運営に携わると、さらにソチ・サーキットでのロシアGP立ち上げにも尽力を果たした。

今回運営に加わったマイアミGPは、NFLチームであるマイアミ・ドルフィンズの本拠地ハードロック・スタジアムの周囲に特設される全長5.41kmのコースで2022年から開催される予定となっている。

|

« フリー2回目、フェルスタッペンのクラッシュで終える | トップページ | F1、超小型ヘルメットカメラ映像お披露目 »