« オランダGP、7万人までの有観客開催が認められる | トップページ | マクラーレン首脳、「DRS(可変リヤウィング)継続を」 »

2021/08/15

リカルド(マクラーレン)、2022年マシンの大きさを懸念

2022 F1 Car (C)Pirelli Motorsport
拡大します
先のイギリスGPの会場で初お披露目された実物大の2022年型F1マシンは概ね好評だったが、一部にその大きさに懸念を示す向きもあるようだ。
マクラーレン・レーシングのダニエル・リカルドは、ドイツの専門メディアである『モータースポーツ・トータル・コム』の取材に対し次のように語っている。

「初めて目にした2022年仕様のマシンは結構好印象のものだったね。
外観は簡略化されてなかなか洗練されすっきりしているし、みんなも気に入っているようだよ。
これで思惑通りにオーバーテイクが増えると言いと思っている。
ただ昔のマシンと比べると、新しいものはずいぶんと大きくなっているよね。
これがコース上で足かせにならないか、ちょっと心配しているんだ」と、7勝のムベテラン。

実際、F1マシンは以前のものより幅があり、ホイールベースも長くなっていて、この点を心配する関係者もある。

|

« オランダGP、7万人までの有観客開催が認められる | トップページ | マクラーレン首脳、「DRS(可変リヤウィング)継続を」 »