« フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速 | トップページ | ペレス(レッドブル)、「タイヤ振動がリタイヤの原因」 »

2021/07/18

フェルスタッペンがスプリント予選制し、PP獲得

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
7月17日(土)16時30分(日本時間:24時30分)からF1で初の試みとなるイギリスGPのスプリント予選がシルバーストーン・サーキットを舞台に全17周で行われた。
スタート時の天候は晴れ、気温は27度、路面温度48度、路面はドライコンディションとなっている。
金曜日の予選によりグリッドが決められたこのスプリントレースの結果により、日曜日の決勝レースのスターティンググリッドが決められる。
なお優勝者に晴れてポールシッターの栄誉が授与されると共に、上位3位にはそれぞれ3-2-1点のチャンピオンシップ・ポイントが与えられる。

スタートでフェルスタッペン(レッドブル)が首位にジャンプアップ、メルセデスAMG勢が2-3番手に。
5周目、ペレス(レッドブル)が痛恨のスピンアウトして19番手まで後退する羽目に。
この時点でアルファタウリ勢はガスリー11番手、角田裕毅は16番手。
なおオープニングラップで起きたラッセル(ウィリアムズ)とサインツ(フェラーリ)との接触について、レース後の審議対象とされた。
オープニングラップで5位に大きくアップしたアロンソ(アルピーヌ)だが、マクラーレン勢に抜かれて後退を余儀なくされている。

17周というスプリント予選をトップで制したのはフェルスタッペン(レッドブル)でイギリスGPのポールシッターとなった。
前戦オーストリアGPに続くもので4戦連続の今季5回目、自身通算8回目のポールポジションを獲得、3点を得た。
2位にハミルトン(メルセデス)、3位ボタス(メルセデス)4位ルクレール(フェラーリ)、5位ノリス(マクラーレン)、6位リカルド(マクラーレン)、7位アロンソ(アルピーヌ)、8位ベッテル(アストンマーティン)、9位ラッセル(ウィリアムズ)、10位オコン(アルピーヌ)、11位サインツ(フェラーリ)、12位ガスリー(アルファタウリ)、13位ライコネン(アルファロメオ)、14位ストロール(アストンマーティン)、15位ジョビナッツィ(アルファロメオ)、16位角田裕毅(アルファタウリ)、17位ラティフィ(ウィリアムズ)、18位シューマッハ(ハース)、19位マゼピン(ハース)、ペレス(レッドブル)はリタイヤとなった。
明日日曜日は15時8日本時間:23時)よりイギリスGP決勝レースが行われる。

イギリスGPスプリント予選の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速 | トップページ | ペレス(レッドブル)、「タイヤ振動がリタイヤの原因」 »