« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)8番手で突破 | トップページ | フェルスタッペン、改善タイヤのピレリに皮肉 »

2021/07/03

オーストリアGP予選、フェルスタッペン3戦連続のPP!

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
7月3日(土)15時(日本時間:22時)からシュピールベルク地方のレッドブルリンクを舞台に2021年F1第9戦オーストリアGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

Q3最初のアタックでは再びフェルスタッペンが最速。
これにノリス、ハミルトン、ボタス、ペレス、ガスリー、ベッテル、角田裕毅(アルファタウリ)、ストロールと続いた。
ラッセルはまだコースインしていない。

最後の熾烈なアタックの結果、タイム更新はならなかったもののフェルスタッペン(レッドブル)がそのままポールポジションを獲得。
フェルスタッペンのポールポジションはフランス、シュタイヤーマルクに続く3戦連続で今季4回目、自身通算7回目の快挙となった。
2番手はノリス(マクラーレン)が獲得、これは自身最高位になるもので、またマクラーレンのフロントロウは2012年のハミルトン&バトンの時代まで遡るもの。
3番手ペレス(レッドブル)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ガスリー(アルファタウリ)、7番手自己最高位の角田裕毅(アルファタウリ)、8番手ベッテル(アストンマーティン)、9番手ラッセル(ウィリアムズ)、そして10番手がストロール(アストンマーティン)となった。
ホンダ・パワー勢は4台すべてがトップ10圏内。
またアルファタウリのガスリー&角田のタイム差は今回わずかに0.164秒というものだった。
オーストリアGP決勝レースは4日(日)15時(日本時間:22時)から全71周で行われる。

オーストリアGP公式予選の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)8番手で突破 | トップページ | フェルスタッペン、改善タイヤのピレリに皮肉 »