« フリー1回目、角田裕毅(アルファタウリ)5番手タイム | トップページ | アロンソ、「バーンアウトよりトラックリミット」 »

2021/07/02

フリー2回目、メルセデスAMG勢が1-2、角田裕毅6番手に

Redbull Ring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
7月2日(金)15時(日本時間:22時)からレッドブルリンクを舞台に2021年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行2回目セッションが始められた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は19度、路面温度31度、コースはドライコンディションとなっている。
なお新スペックのテストタイヤはこのセッションでも使用される。

気象レーダーが雨雲の接近を伝えたせいもあり、各車青シグナルと共に一斉にコースイン。
序盤のタイミングモニターにはフェルスタッペンに続いて角田裕毅の2番手タイムが映し出された。
一部に雨もちらついたこのセッション、トップはハミルトン(メルセデス)の1'04.523。
2番手もメルセデスでボタスの1'04.712、3番手フェルスタッペン(レッドブル)でこちらは1'04.740、4-5番手はアストンマーティンのストロール&ベッテル、6番手に角田裕毅(アルファタウリ)、7番手ガスリー(アルファタウリ)、8番手アロンソ(アルピーヌ)、9番手ノリス(マクラーレン)、10番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)となった。
ペレス(レッドブル)は11番手だった。
明日はフリー走行3回目セッションと注目の公式予選が行われる予定となっている。

オーストリアGPフリー走行2回目の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« フリー1回目、角田裕毅(アルファタウリ)5番手タイム | トップページ | アロンソ、「バーンアウトよりトラックリミット」 »