« メルセデスAMG、ルイス・ハミルトンと2023年まで契約延長 | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)辛うじてQ2進出へ »

2021/07/03

フリー3回目、フェルスタッペン(レッドブル)が最速

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
7月3日(土)12時(日本時間:19時)からシュピールベルク地方のレッドブルリンクを舞台に2021年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行3回目セッションが行われた。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は22度、路面温度45度、コースはドライコンディションとなっている。
セッション開始を前にハミルトン(メルセデス)の契約2年延長が伝えられ、パドックではまだ来季以降の契約が不明な僚友ボタスの去就に注目が集まった。

ピレリが持ち込んだブラックのテストタイヤが次戦から投入されるのが確実になったことにより、各車このタイヤを装着しての走行が熱心に始められた。
そんな中、フェルスタッペン(レッドブル)はセッション後半になるまでコースインしない余裕をみせたが、走り出せば直ちにその時点のトップタイムを記録する貫禄。

60分のセッションが終了、トップは唯一1分04秒台に入れたフェルスタッペン(レッドブル)。
2番手ボタス(メルセデス)、3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手ガスリー(アルファタウリ)、5番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)、6番手サインツ(フェラーリ)、7番手ペレス(レッドブル)、8番手アロンソ(アルピーヌ)、9番手ルクレール(フェラーリ)、10番手ベッテル(アストンマーティン)となった。
角田裕毅(アルファタウリ)は12番手となったが、同じ1分05秒台にはなんと16台がひしめく混戦ぶりとなっている。
オーストリアGPはこの後15時(日本時間:22時)から公式予選が行われる。

オーストリアGPフリー走行3回目の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら

|

« メルセデスAMG、ルイス・ハミルトンと2023年まで契約延長 | トップページ | 予選Q1、角田裕毅(アルファタウリ)辛うじてQ2進出へ »