« 角田裕毅(アルファタウリ)、2022年用タイヤをテスト | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「スプリントレースは列車行列」 »

2021/07/09

元F1ドライバー、カルロス・ロイテマン氏死去

Carlos Reutemann (C)Ferrari S.p.A
元フェラーリ等のF1ドライバー、カルロス・ロイテマン(アルゼンチン)が死去したことがわかった。享年79歳。

今年5月に体長を崩したロイテマン氏は母国アルゼンチンの地元病院に緊急搬送されICU(集中治療室)で治療を受け、一時は改善して自宅に戻って療養していたが、6月に入って再び入院していたという。

1972年のアルゼンチンGPでブラバムにより29歳という遅咲きデビューを果たしたロイテマンは1970年代から1980年代にかけてフェラーリやロータス、ウィリアムズ等で活躍。
1981年にはシーズン最後までタイトルを争ったものの、ネルソン・ピケに僅差で敗れランキング2位に終わった。
全146回の参戦でポールポジション6回、優勝12回、表彰台は46回。

現役生活を引退してからは母国アルゼンチンで政界に進出。
同国の上院議員を務め、一時は大統領候補に挙げられるなど政治家としても実績を残した。

|

« 角田裕毅(アルファタウリ)、2022年用タイヤをテスト | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「スプリントレースは列車行列」 »