« ラッセル(ウィリアムズ)、アルピーヌ移籍も選択肢に | トップページ | アゼルバイジャンGPフリー2回目、レッドブル勢が1-2タイム »

2021/06/04

フリー1回目、フェルスタッペン(レッドブル)が最速

Baku Street Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
6月04日(金)12時30分(日本時間:17時30分)からバクー市街地特設コースを舞台に2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目セッションが始められた。

天候は曇り、セッション開始時の気温は26度、路面温度48度 、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち今回も前戦モナコに続き市街地一般路面ということで、ホワイトのハードにC3、ミディアムのイエローにC4、そしてレッドのソフトにC5という最も柔らかい部類に位置する3種のタイヤを選択・持ち込んでいる。
なお今シーズンから木曜日のフリー走行セッションは1・2回共に1時間に短縮されている。

約28分、角田裕毅(アルファタウリ)が4コーナーでランオフエリアにストップ、イエローコーションの原因を。
どうやらリバースに入らないと無線で訴えているようだ。
ノリス(マクラーレン)、ハミルトン(メルセデス)らがいずれもセクター最速タイムを出しながらスピンしてベストタイム記録のチャンスを逸する。
セッション終了間際、ハースF1のマゼピン&シューマッハが相次いでスピン、イエローコーションの原因を作った。

このセッション最速タイムはフェルスタッペン(レッドブル)で1'43.184。
2番手0.043秒差でルクレール(フェラーリ)、さらにサインツ(フェラーリ)も続く。
4番手にペレス(レッドブル)、5番手リカルド(マクラーレン)、6番手ガスリー(アルファタウリ)、7番手ハミルトン(メルセデス)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手アロンソ(アルピーヌ)、10番手がボタス(メルセデス)となった。
角田裕毅(アルファタウリ)は14番手で初体験のバクーを走り抜けた。

このあと16時(日本時間:21時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

アゼルバイジャンGPフリー走行1回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« ラッセル(ウィリアムズ)、アルピーヌ移籍も選択肢に | トップページ | アゼルバイジャンGPフリー2回目、レッドブル勢が1-2タイム »