« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)がQ3進出 | トップページ | ノリス(マクラーレン)、3グリッド降格のペナルティ »

2021/06/05

アゼルバイジャンGP予選、角田裕毅(アルファタウリ)クラッシュ

Charles Leclerc (C)Ferrari S.p.A
拡大します
6月05日(土)16時(日本時間:21時)からバクー市街地コースを舞台に2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの公式予選が始められた。
18分間で争われるQ1では全20台中、下位の5台がノックアウト、15台によるQ2でも下位の5台がノックアウト、そして10台12分間で行われるQ3では決勝レースのトップ10グリッドが決定する。

Q3での最後のアタックで、角田裕毅(アルファタウリ)が15コーナーでクラッシュ、セッションが赤旗中断になったため、最初のアタックでの順位で予選が終わった。
トップは1'41.218のルクレール(フェラーリ)で前戦のモナコGPに続く今季2度目のポールポジション獲得、自身通算9回目の快挙となった。
2番手に復調なったかハミルトン(メルセデス)で0.232秒の差、スペインGP以来のフロントロウとなった。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)で久々三つ巴の様相。
4番手ガスリー(アルファタウリ)、5番手サインツ(フェラーリ)、6番手ノリス(マクラーレン)、7番手ペレス(レッドブル)、8番手角田裕毅(アルファタウリ)、9番手アロンソ(アルピーヌ)、10番手にボタス(メルセデス)というトップ10になった。
アゼルバイジャンGP決勝レースは6日(日)16時(日本時間:21時)から全51周で行われる。

アゼルバイジャンGP公式予選の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、角田裕毅(アルファタウリ)がQ3進出 | トップページ | ノリス(マクラーレン)、3グリッド降格のペナルティ »