« ストロール&ジョビナッツィ、決勝出走が認められる | トップページ | 大波乱のアゼルバイジャンGPはペレス(レッドブル)優勝 »

2021/06/06

アゼルバイジャンGPスターティンググリッド(修正版)

Start Signal (C)Mercedes Motorsports
拡大します
アゼルバイジャンGPのレーススチュワード(競技委員)は、ペナルティによりスターティンググリッドを修正した。

それによれば、予選6位だったノリス(マクラーレン)は赤旗時にコースに留まったとしてグリッド3番降格で9番グリッドに。
これにより7位のペレス(レッドブル)、8位の角田裕毅(アルファタウリ)、9位のアロンソ(アルピーヌ)3台がそれぞれ一つずつポジションをアップさせる結果に。
また予選ノータイムだったストロール(アストンマーティン)は19番手、ジョビナッツィ(アルファロメオ)は20番手にそれぞれ指定されている。

【修正スターティンググリッド】

1. ルクレール(フェラーリ)
2. ハミルトン(メルセデス)
3. フェルスタッペン(レッドブル)
4. ガスリー(アルファタウリ)
5. サインツ(フェラーリ)
6. ペレス(レッドブル) *
7. 角田裕毅(アルファタウリ) *
8. アロンソ(アルピーヌ) *
9. ノリス(マクラーレン) *
10. ボタス(メルセデス)
11. ベッテル(アストンマーティン)
12. オコン(アルピーヌ)
13. リカルド(マクラーレン)
14. ライコネン(アルファロメオ)
15. ラッセル(ウィリアムズ)
16. ラティフィ(ウィリアムズ)
17. シューマッハ(ハース)
18. マゼピン(ハース)
19. ストロール(アストンマーティン)
20. ジョビナッツィ(アルファロメオ)

* 印は変更のあったドライバー

|

« ストロール&ジョビナッツィ、決勝出走が認められる | トップページ | 大波乱のアゼルバイジャンGPはペレス(レッドブル)優勝 »